里山の生き物たち

2015年9月30日 (水)

2506日目

心地よい冷え込みの朝です。

今朝はいつになく、本気モードです。(笑)
Dsc_2404
虫除けキャンドルに火をつけ、


Dsc_2405
森林伐採業者さんの使う蚊取り線香を焚き

刈払機を鎌に持ち替えて藪に踏み込みます。

ウツギとテイカカズラが鬱蒼と絡んだ中に鳥の巣を発見。
Dsc_2407
既にも抜けの空になっていたので
コブシの木の上に下ろして写真を撮ってみました。

シダや木の皮、どこからか、ナイロン紐も見つけてきて
上手に組まれています。

こんな場所で雨の多かった酷暑の夏も
凌いできたのかと思うと、ちょっと感動です。

どんな鳥が巣作りをしていたのでしょう?

地面に目を向けると、蛇の抜け殻です。
Dsc_2417
オレンジの点線で辿った場所にも折れ曲がっています。
長~い蛇の抜け殻です。

Dsc_2420
カエルは早くも、洞を見つけて寒さを凌いでいるようです。
*

翌日の雨の天気予報を見越して、
ぽろたん、アルプス乙女、紫陽花、モッコウバラなどの
植え替えも出来ました^^


Dsc_2414
畑のあちこちでは
背丈を超えるコスモスが咲き揃って来ました。

雑草が取り除かれてくると不思議と
さあ・・頑張るぞ・・・♪という気持ちになってきます。

| | コメント (4)

2014年11月 2日 (日)

1967日目

@@・・・・ウソでしょ!?

100_1098
また、雨水タンク用の水槽が浮き上がっていました><

あんなにしっかり踏み固めながら埋め直したのに・・・・TT

確かに、昨日は、一日中、雨が降っていましたが・・・・
100_1083
こんな風に水槽が浮き上がるほど・・・・
いったい、何が起こっているのでしょう?

100_1100
泥の手形!?・・・・悪意のモンスターが居る(゚_。)?

そんな馬鹿な・・・・・・。

やはり、地面を掘り返したことで、
地面の粘土層の場所が入れ替わったりで、
目に見えない地下の水の浸透経路が
変わってしまったのかもしれません。

そして、前回も書きましたが
泥水の比重>雨水の比重が
水槽を押し上げてしまうのかもしれません。

最近は、よく土石流の災害の映像を目にしますが
きっとこういったことが川の流域や斜面だったら
もっと大きな変化をもたらしてしまうのだろうな・・・と
ふと思った次第です。


青い水槽の色が景観を損ねるので
埋めて使おうと思いましたが、
この場所では無理なようです。

諦めて、溜まった雨水を柄杓で汲み出し
場所を変えることにしました。

100_1087
トノサマガエルがのびのびとくつろいでいます。
100_1103
水を汲みだしても場所を退く気配がありません。
100_1102
水が少なくなるにつれて、サワガニが姿を現しました。
どこから、やってきたのでしょう?
畑で見るのは初めてです。
小さな水性昆虫もいました。

こんな風にして、水辺があれば、
あっという間にビオトープもできてしまうのかもしれません。

100_1104
トノサマもやっと、場所を譲ってくれました^^
*
*
*

青い水槽を引きずりながら、
畑のどこに置こうか・・・・
あちこちに、仮置きをして眺めてみました。

100_1106

結果、小さな柿の木が植わっていた場所・・・
柿の木に場所を譲ってもらって落ち着きそうです。

地面に埋め込むのも諦めました。
周囲に石を積んだらどうだろう・・・・・・と
イメージを掴むために大雑把に積んでみました。

「よし・・・、こんな感じで行こう!」と決めました。

石窯の石積みは後回しになりました^^

今日は水槽の掘り起しと移動。
そして、前回焼き払った毛虫の残党退治・・・・まだまだ居ます。

上を見上げると、
アカメガシワの大木に大発生していました。

100_1096
少し前から、ガスバナーの調子が悪く、
分解して、レバーのバネを修正しながら使っていましたが
とうとうダメになってしまったので買い替えました。

落葉まで、暫くこの作業も続きそうです。

今日は湿度が高く、枯草も雨水を含んでいたので
燃え広がる心配もなく作業ができましたが憂鬱な作業です。
*
*
*
おまけ画像:雨上がりの畑の不思議

100_1089
あっという間に現れ、マジックのようです。

100_1090


| | コメント (6)

2014年10月 4日 (土)

1938日目

お休みだと思って、一日、畑で過ごしてしまうと
楽しいのですが・・・・、流石に疲れてしまいます。

台風の雨までに、貯水槽を埋め込む穴を掘ってしまおう・・と
思いましたが、またまた、樹の根と大きな石に阻まれ、
穴掘りはいくらも進みませんでした。
*
*
*

夏にチューリップの球根が何者かによって
穿って食べられた痕跡がありましたが、
その花壇(四角いブルーの囲み)を耕してみましたが
球根は一個も残ることなく壊滅的でしたTT

100_0841
その花壇を壊し、
赤い円(桜の木の根元)に花壇を作り直しました。

ちょうど、注文しておいたジャーマンアイリスの球根が
届いていたので植えつけました。
100_0852
(植え位置の覚書)

100_0854
畑はコスモス
100_0848
こすもす
100_0849

秋桜
100_0845
7メートルサークルにも、コスモス。

右奥の桃の木がこの夏、恐ろしく大ききなりました。
なので、園路が狭く感じられるこの頃です。


その狭い園の隙間をみつけて、
ジャガイモなど植えてみたりしています。
100_0856
ちょうど、芽がワサワサ伸びていたので
芽掻きと施肥をしました^^

美味しい、ホクホクお芋が掘れるでしょうか?
*
*
*
帰り支度をしたあと、クラブアップルの
徒長枝が目についたので、
素手で鋏を持って枝を切りに行きました。
100_0859
""ビビッ""・・・・・・初体験です。イラガでした。

イラガのことは果樹講習で初めて知りましたが
刺されたことはありませんでした。

刺されると痛いと、皆がおっしゃっていましたが、
あ~~~~、この感覚なのだと実感TT

今日は、左手の薬指が腫れて・・・痒くて憂鬱です。
*
*
*
おまけ画像

100_0850
コクネシアがこぼれ種で花を咲かせていました♪


| | コメント (6)

2014年9月22日 (月)

1926日目

朝一番。
顔の赤いお猿の集団に遭遇。
‘サル何処’の情報に載って来ない集団だったようです。

川を挟んで南側の山の斜面です。
車の中から、数メートルの距離で目が合いました。

そのあと、車を見た群れは山辺に登って行きましたが
暫く、ウキャウキャ、キーキーという騒ぎの聞こえる畑でした。

車を下りて、サルの行方を確認しようと、
農道を歩いてみると、イシガメに遭遇・・・・

危ない、危ない・・・もう少しで車にひかれていたかも・・・汗。

003
ということで、イシガメの石ちゃん確保!

アカミミガメと違って可愛い顔をしています^^
しばし、石ちゃんと戯れる・・・・・・・
009
地面に降ろすと、決まった方向に歩き出します。
クルクル廻って、別の地面に降ろしても、
首をう~んと伸ばして、また向きを変えて、
同じ方角に歩き始めます。

生まれたばかりの海ガメの子が海を目指すように
イシガメも水辺を察知する能力があるようです。

カメの歩みではありません。
手足がグーンと伸びて高足で速歩きで、
トットコ水辺に消えて行きました^^


006
‘ツクツクボウシ’日差しが強く、
ハレーションを起してしまっていますが・・・・
セミの儚さも一緒に,写ったような気がします^^。

011
上手に擬態していますが・・・見つけました‘クツワムシ’
夏の夜、懐中電灯を持って、父と一緒に
このクツワムシを捕まえに行った記憶があります^^

015
‘カマキリ’
工藤直子さんの‘おれはかまきり’という詩が思い浮かびます。

『おれはかまきり』・・・・かまきりりゅうじ

おう なつだぜ
おれは げんきだぜ
あまり ちかよるな
おれの こころも かまも
ドキドキするほど ひかってるぜ

おう あついぜ
おれは がんばるぜ
もえる ひをあびて
かまを ふりかざす すがた
わくわくするほど きまってるぜ

020
‘ゴマダラカミキリムシ’悪さをしないように
割れたフラスコの中に閉じこめています。

024
唐辛子のように紅い‘アキアカネ’

037
デート中の‘ツマグロヒョウモン蝶’
蝶の舞ったあと、幼虫の発生が恐怖です。

このヒョウモン蝶がキウイ棚に張り巡らした防鳥網に
けたたましく引っかかっています、これも恐怖です。

きょうは猿に始まって、生き物たちに目が留まる一日です。

こちらも、生きようとしていました。
028
冬に 文字通り‘根絶’を企んだ雑木でしたが・・・・

029
枝の一部に萎縮したような葉っぱですが、芽吹かせていました。

いろいろな生命が、うごめいている里山です。

こんな場所に割り込んでいく余地はあるのでしょうか?

・・・・・・・今さら・・・・・(笑)

| | コメント (6)

2014年9月 7日 (日)

1896日目

100_0581
エアーホッパーです^^。

100_0580
車のフロントガラスに止まったショウリョウバッタです。

100_0582

憎憎しい虻が・・・・・・

100_0584
今日は雨も上がって蒸し暑い日になりました。

早朝から出かけた畑も、
軽く表面を削るような草刈りをして・・・・・・、
暑くて早々に退散です。
100_0569

帰りの農道も昆虫サファリパーク状態です。

*
*
*
ホップを這わせる予定のアーチだった場所に

100_0565
ホップはいつの間にか消えて
葡萄が覆いかぶさってきました。

100_0567

葡萄は葡萄でも野ブドウです^^

食べられない葡萄でもあの綺麗な実が生れば
それは、それでOKです♪
*
*
*

ムラサキシノブの実が色づいていました。
100_0572

アロニアの最後の実。
100_0568
こんな風に紅くなるんだ・・・・・

雑草はツユクサがピーク
所々の青い花が目につきます。

草が刈れずにいるところには
イシミカワがビッシリ蔓延っています。


アルプス乙女も生るには生っていますが・・・・
100_0571
カビっぽいです。
植わっている場所がまずいかもしれません。

隣地の雑木の影、水路際、
元々ジメジメしている場所に
そのうえ、今年は雨が多かった・・・・・
草取りも満足に出来なかった・・・・・・

原因は、いろいろ考えられます。

少しずつでも、改善しなくては・・・・。


| | コメント (2)

2014年8月31日 (日)

1893日目

稲刈りの終わった田圃は鳥たちの餌場になっているようです。
100_0516

同じ田圃で別の茶色の鳥の4,5羽の一群がいたので

100_0513

一瞬、小ぶりなので、鶉・・・・!?と、思いカメラを向けましたが
どうやら、雌のキジの集団だったようです。
100_0515

車が近づく気配で、トコトコと歩いて
草の茂みに隠れてしまいました。
*
*
*
雑草を剥いだ部分の
100_0520_2

ゼフィランサスが咲きそろいました。
100_0519
この草取り作業が、夏のうちにできるといいのですが・・・・
暑さと、毒虫に阻まれて出来ません。

100_0535
丸太の足元に植えた紫陽花の小さな苗も
草に埋もれながらも大きく成長してくれました。
丸太のおかげで、
間違って刈り取られることもなかったようです^^

こんな風に少しづつ雑草を剥いでいるわけですが
次は背の高くなりすぎたコスモスを何とかしなければ・・・・
100_0522

上の畑の藤棚のアーチを下の畑まで運びました。
100_0528
センニンソウを這わせます。
100_0529
空色にセンニンソウもいいものです♪

100_0523

果樹話題がないと、
日本一の果実さんもオロオロされるようなので・・・
100_0526
アーチの手前のほうにはスモモの
‘ハニーローザ’の枝を二本誘引しました^^


| | コメント (4)

2014年7月13日 (日)

1845日目

ミントに花が咲いていました。
100_7946
背の高くなりすぎたヒマワリ、コスモス、ミントは
台風の雨のせいか、倒れてズタズタです。

既にヒマワリは終盤。
花も終わり、葉っぱは虫たちのご馳走に・・・・。

100_7947
うえっぱなしでOKのチューリップの球根も
何者かに食べ荒らされていました。
*
*
*
刃を替えた刈払機・・・・絶好調です。
絶好調すぎて、今年も痛恨のミス第一号
クッキングアップルのブラムリーをスパッと・・・TT
(泣いているのはブラムリーですね)

背の高くなった草と防虫ネットの帽子をかぶり
視界が悪くなると・・・・つい・・・・ヾ(_ _。)

夕方の2時間くらいの作業でしたが
汗ぐっしょりです。

例年のことながら、夏場は
荒れ放題の畑にしてしまうのも時間の問題です。
*
*
*

100_8018
そんな畑でも、一週間ぶりの畑は
キュウリが2本、収穫を待っていてくれました^^。

*
*
*
おうち果樹は鉢植えの‘アーリーキャンベル’
100_7956
今年は一房^^


| | コメント (6)

2014年7月 7日 (月)

1839日目

思ったより雨はたくさん降ったようです。
100_7994
草の勢いは
100_7991

止まりません><
100_7989

奴らが現れるのも・・・この時期です・・・
100_7986
ムシヒキアブ科のアオメアブのようです。
100_7984
@@・・・・まさにギャングですね><
甲虫に齧り付く???

まだまだ、これから、いろんなアブが現れてきます。
服の上からでも咬んでくるので油断できません。

マムシもスズメバチも繁殖や巣作りの時期で危険、

7月、8月、畑への足がだんだん遠退きます。



100_7981
‘いさはや’はまだ無理・・・と判断されたようです。

100_7980
‘禅師丸’はまだ数個しがみ付いていますが
これもどうでしょう?

100_7974

アップルはいい感じに肥大しています。

100_7975
一株ずつ植えつけた野菜は
律儀に一本ずつ生ってくれました。

二人暮らしにはちょうどいい滑り出しです^^

| | コメント (6)

2014年6月21日 (土)

1823日目

足を踏み込む先々で
3276768
ぴとん・・ぴとん・・と
3276776
小さな足音が聞こえます^^

3276824
何を間違ったのか・・・・・
天空のいちばん高くなる日に朝から出かけてしまいました。

自分の中では、雨が降り出す予定で・・・・
雨が降り出したら帰ろう・・・と思っていたのですが

とうとう日暮れまで雨は降らず・・・・
長~い一日を畑で過ごしてしまいました。

3276755
畑の紫陽花もまだこれから楽しめそうなもの
3276754
ピークの状態のもの
3276766

様々です
3276827
園路に沿って植えた小さな苗にも
3276840
初めて蕾が上がっていました^^

3276801
畑の紫陽花も随分種類が増えたなぁ・・・・と
3276793
-+---- 花遊び ---+-
3276773

この日、ワンコインの処分苗で仲間入りした
個性豊かなマジカルシリーズの紫陽花です。
花茎を切り戻して植えつけてきました。

3276808

切った花を洗濯ばさみで挟み、
捨てるよりは、ダメもとで
小屋の軒下に吊るしてきました。
3276830

うまくドライフラワーになるといいのですが
この時期・・・難しいかな?

| | コメント (8)

2014年6月 9日 (月)

1811日目

湿度が高くこの時期特有の蒸し蒸しした空気
畑に行きたくない・・・・という怠け心と
葛藤の末、出かけている始末です。

花の開花や果樹の成長がかろうじて
足を運ばせています。

3276677
キウイの剥皮をそれとなく試みています。
2ミリほどの浅く細い傷を3、4日前につけてみました。

その枝の先の幼果には著しい変化がみられます。
ちょっと大胆にその傷の周辺を広げてみると
じわっと水分が滲み出て来ました。

常にドクドクと水の吸い上げと光合成の養分供給が
成されているのが如実に判ります。

主枝から亜主枝・・・目で追いながら摘果をしていました。

主枝から亜主枝へ・・・・・・
3276696
@@エッ・・・・・・嘘!

3276693
「こんにちは。」(マムシじゃないよね!?)
ほんとうに蛇も木を登るのですね。
‘足元の蛇注意!’ばかりでなく
‘頭上の蛇も注意!’ですね。
3276699
背中の模様を確かめるために後ろからも見てみましたが
トグロを巻いているので良く判りませんが
大人しい蛇のようでしたので・・・・・

そのまま、そおーっと、その場を離れました^^。

こんな季節ですからね、姿を見ても不思議はありません。
マムシが怖いのはまだまだこれからですね。
気をつけないと・・・・・・・。

あっ・・・・大丈夫ですか?
そこの蛇が超苦手な方・・・・・・ごめんなさい。

気絶しそうになっても、
あなたを支える自信があったので画像を載せました(笑)


-+- きょうのおまけ -+-

Pwork
6月初旬(1811日目)の畑のエトセトラ画像^^


| | コメント (4)

より以前の記事一覧