耕作放棄地の開墾

2015年8月 6日 (木)

そんな暮らしの証明

誕生日に頂いた
アレンジメントの薔薇がいい具合に乾きました。
Dsc_2317
ドライフラワーとしてもう暫く楽しめそうです。
Dsc_2319
同じアレンジメントのバスケットの中に使われていた
ドラセナ・サンデリアーナです。
Dsc_2322
捨てるに忍びなく、マグカップに挿しておきました。

Dsc_2320
一か月以上経った今も枯れず、丈夫なんだなぁ・・・
と思っていたら発根していました^^♪
思いがけず・・・‘たまたま’といった感じです。
*
*
*
最近、この‘たまたま’
思いがけず・・・・ということがよくあります。
Dsc_2312
先月の話になってしまいますが、
JALの機内誌‘SKY WARD’の7月号です。

‘カナダ ソルトスプリング島の週末’という特集記事がありました。
徒然にページを繰っていると、懐かしい顔がありました。

Dsc_2314_3

少し、お歳を召した印象がありましたが
間違いなく、その人です!


隣の席に座っているEに、‘この人知っているよ’といったら、
‘そんな馬鹿な・・・’と、一蹴されました。


なので、ここからはその証言記事です(笑)
無理やり、もうひとつのブログから記事を
引っ張ってきましたので長くなります。
*
*
*
【Salt Spring Island @ B.C. CANADA】

マックレナン・ドライブにあるリオネルさんの御宅にやってきました。
100_1403

とってもフランセなお名前の豚ちゃん・・、と思ったのですが名前を忘れました^^

100_1323

お出迎え・・・・・・と思ったら

100_1324
お気に入りのアヒルさんに突進でしたぁ(笑)

100_1325
Yuppiちゃんも、良く知ったお宅なのか突進していきます。
100_1327

お花に埋もれたアプローチです。

100_1373
「ヨク、イラッシャイマシタ。セマイワガヤニヨウコソ。」と
日本の謙遜をまねて私たちを迎えてくださいました。
リオネルさんはとっても日本好きのフランス人です^^

画像は玄関先に飾られた流木と
「コレハ、ワタシノブッダデス」と羽飾りのついた木彫を紹介してくれました。
追求しませんでしたが「仏陀」だと思います^^

100_1395
これもリオネルさんが描いたポストカードです。
ソルトスプリングの海の空気が感じ取れるとてもいい絵です。
*

引き続き、リオネルさんのお宅からです。

100_1396_2

リオネルさんはフランス伝統柳織の籠職人さんです。


100_1328
あらゆる光景がとっても絵になるのでずっとカメラを握ったままです
100_1322
門扉や柵にいたるまで芸術的なセンスが漂っています^^
100_1389

リオネルさん登場・・・・(逆光でお顔がよく判りませんね)
100_1382
三線で沖縄民謡を歌って
聞かせてくださっています。

元ちとせさんの歌のファンで
日本語でとっても上手に
歌われます。

「コトノハ」の歌詞も・・・・・・・

「何時(いてぃ)む今日(きょう)ぬ事に・・・」

君が見上げる夜明けの空はどんな色?

青く涼しい まだ見ぬ花の色

君が知らない真夏の風はどんな色?

熱を帯びてる  切ない花の色

What is the color of the first light in the sky which you cast your eyes up ?

It's blue and cool, like a color of the flower you never seen.

What is the color of the wind in the midsummer which you don't know ?

It's the color of agonizing flower which take on heat.

こんな風に英訳して詩の意味もお勉強・・・・・・
100_1329
ここにも日本フリークなのを
感じさせるひとこま・・・・・・

 今は敷地内に温泉をつくることが夢だとか^^

 日本の温泉を紹介した本・(写真集)も見せてくれました

他にもたくさんの書籍が・・・・棚からあふれんばかりに・・・

100_1387_2
画像の手前にある籠がリオネルさんが編まれる
柳織のバスケットです。
*
この日、リオネルさんは
井戸堀の業者さんとの対応で
私たちと食卓を囲むこともなく
多忙しの模様・・・・・

私たちは勝手に台所を使って
お昼をご馳走になってきたという感じでした^^

*
さて、このあと・・・、リオネルさんが森に響かんばかりのアカペラで、
元ちとせさんの歌を歌うと動物たちが集まってきます。
100_1331_2
どんな動物たちが集まってくるのでしょうか!?





リオネルさんが歌うと集まってきたのはこの子たち・・・・・。

100_1332
「餌をあげてるじゃん」というつっこみはなしですよ^^
パブロフの条件反射と同じで
この子たちはリオネルさんの歌で集まってきたのですから・・・・・。

100_1335

とっても可愛いです。
アンデスまで行かなくてもここでもアルパカに逢えるなんて・・・・。

100_1346
みんなお顔に個性があります、

100_1343
1匹、1匹に

100_1372

名前も付いています。

100_1347
それにしても・・・広い敷地でいいですね。
100_1340_2

一生懸命、餌を食べています。餌は小麦のようです。


100_1333

2頭のリャマもいます。
最初は遠巻きに私たちのことを見ていますが、
慣れると匂いを嗅ぎに来たり・・・・すごく近くまで近づいてきます。

100_1354
アルパカもとっても好奇心旺盛な賢い動物です。

100_1362
みんな同じ方向を向いているのは視線の先に

100_1367

フィールドを走るYuppiちゃんがいるから、
それを追いかけているからです^^
*
訪問先のお庭に植わっている植物を見せていただくのも楽しみ!
100_1392
サキシフラガがありました^^
100_1393

セダムも・・・・・・・、貝殻がさりげなく、溶け込んでいます。


100_1402

プルモナリア という名前の植物。
ブッチャートガーデン、クイーンエリザベスガーデン、ヴァンデューセン植物園
でもみかけたので向こうではポピュラーな植物なのですね。
調べてみると、ヨーロッパ原産で 耐寒性多年草(-20℃)のようです。
ベゴニアのような葉っぱの文様とこの花色がいいですね、
出会えたら育ててみたい植物です。

100_1397
リオネルさんが作る柳織バスケットの材料になる柳の樹。
100_1380
フィールドでこれから栽培するという柳の苗木がたくさん植えられています。

100_1379

リオネルさんが指差す地面、画像左下のわずかに黒い部分は
アルパカのウ○チなのです^^
彼らは決まった場所でしか排泄をしないというお話をしているところです^^
そこだけ、雑草の生育がいいというお話も・・・・・。

あと・・・、洋ナシを植えたそうなのですが、
アリがすごくって困るということもおっしゃっていました。
どなたか、農薬を使わず木をありから守る方法ご存知ないですか!?

100_1378
こうやって、敷地のあちこちの案内を受けているときも
好奇心旺盛なアルパカたちは人間の後をついてきます^^

100_1375

私たちが立ち止まり、振り返ると静止します。
まるで「だるまさんがころんだ」をしているよう^^


100_1377

わたしたちが動くとまた付いてきます^^
アルパカを連れて日本の河川敷や土手を歩いてみたい(笑)
*
*
*
また別のページの
Dsc_2315
ヘザーのパン屋さんの記事も懐かしい
100_1423
天井からぶら下がる沢山のお鍋のキッチンの様子も

100_1414
当時のままで・・・・・素晴らしい。

島に移住して、そこで暮らす覚悟を持った人たちは
変わらぬ信念をもって日々を送っておられるのだと・・・

この冊誌の記事からもそんな生き方の証明を
再確認させてもらった気がします。

自分自身の畑の開墾もこの島の暮らしに感化されて
始まったことも事実です。

Img_9083

当時、お世話になったオーガニックファームさんのHPから
素敵な画像をお借りしてきて載せておきます。

| | コメント (6)

2015年1月10日 (土)

2036日目

Frame1571e3f5be57c910250e6f695a92cd
・・・という予定で畑に来ました。


ところが、農道脇の川ざらいの作業のため
トラックやユンボが農道をふさいでいました。
100_1529
やむ負えず、車を近くの空き地に置き、
歩いて畑に向かいました。

*
*
*
川ざらいをした土砂を2tトラックが交互に
運び出している様子でした。
*
*
そこで、ふと、例の車を乗り入れるスロープに
その土砂を貰えないものかと・・・・・。
100_1528
勇気を出して、お願いしてみたら・・・・

工事の方は
遠くまで捨てにいくより、都合が良いので
構わないという返事をくださいました。

やったぁヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノ・・・・・♪

と、喜んだのは束の間・・・・・・・。

01
ガザッという音と共に2tトラックの後輪が沈みました。
03
以前(2013.10月)に陥没した農道の同じ場所で
02

またもや・・・・・・・
04
後輪がハマったタイヤ痕です。

05
前輪が浮き上がるほど落ち込みましたが、
ユンボで押し上げ、なんとかトラックは脱出、出来ましたが、

余計なことをお願いしたことで
とんだ災難になってしまい、申し訳ない思いに・・・・

06
護岸ブロックの基礎のあたりまで大きく抉れていました。
画像にも見えていますが、
川が段丘になっていて、そこに落ち込む水が
川底をさらって、護岸ブロックの基礎あたりの土砂を
巻き込み、さらっていっていたようです。

一年余りでまた大きな空洞を作ってしまったようです。
前回の修復が何の意味もなかった感じです><。

07

この状態ではユンボが戻っていけないので
スロープに置いてもらうはずの土砂で
応急処置の穴埋めをすることになりました。

08

仕方ありません・・・・・
それどころか、余計な仕事を作ってしまう結果になって
本当に申しわけないという気持ちを伝えましたら・・・

09
いやいや・・・・・
穴が空いていることが早く判って良かった
知らずに通っていたら
自分(私)の車が落ちていたかもしれないのだから・・・・と。

10
ほんとうです・・・・・‘感謝’の一言に尽きますTT
本当に肉体的にも、精神的にも救われました。

そして、それだけでも十分過ぎるのに、
100_1543
すぐ脇の川砂をユンボですくい上げ、踏み固め
スロープを作っていってくださいました。

ほんとうに心優しい仕事人さんに感謝です。

11
帰りには他の車が乗り入れないように
伐採木を通行止めに置いてきました。

3連休の初日です。
関係者・関係機関にも連絡が取れないので
連休明けに、
これらの写真を以って報告をすることになります。


| | コメント (4)

2014年12月29日 (月)

2024日目

夜中に雨が降って畑の地面もぬかるんでいるので
畑での作業をあきらめて、
周囲の里山を散策してみました。
100_1500

よく猿たちが駆け上っていく坂道から畑をのぞむと、
こんな谷の奥に畑があります。

100_1499
ただ、ただ、開墾に畑に通う日がほとんどで
周囲の地理や様子に疎い部分がありました。
100_1496
南の山は細いながらも整備された
つづら折りの農道があり、
木が伐採されたり、人の手が入っていました。


100_1498

結構な樹齢の樹もあり・・・
けもの道らしき場所もありました。

斜面を上り詰めると、広い茶畑や畑が広がっていましたが
100_1494_2
その道中も、例外なく
猿たちが農作物を荒らした痕跡がありました。

どこも大変なようです。

| | コメント (4)

2014年12月23日 (火)

2018日目

クリスマスらしい紅い実の画像を撮ってみました。
100_1461
野薔薇のローズヒップ
*
*
今日は雑木の伐採をしました。
100_1454
一本目、直径15~6㎝
100_1455
二本目、‘追い口’というのでしょうか?
樹の倒れる方向を考えて切込みを付ける・・・・
100_1457
完全に失敗です><
倒れた枝がアーチにのしかかって、
アーチがゆがんでしまいました。

100_1459
樹の全体の重みで裂けてしまった感じです。
切りなおしておきましたが・・・・・

メキ、メキ、と樹が裂けて倒れる音が
なんとも痛々しかったです。

100_1458
三本目、これも十数センチくらいの直径でしょうか?

どれも、樹高があるので倒れた木はビクともしません。
枝を払ったり、切り刻んだりしながら
なんとか移動をさせました。

100_1460
大きく横たわっている樹が今日伐採したものです。
暫くは根が残った状態ですが・・・
風景は変わりそうです。

『剛』な画像が続いたので

100_1465
『柔』の画像で終わります^^。


| | コメント (4)

2014年11月 3日 (月)

1968日目

100_1092
三連休の半分は雨でした。

100_1095

アマガエルは小屋の木戸の内側で寒さを
凌ごうとしているこの頃・・・・・
100_1107
雨の間に、頂いた端材を使って
石窯土台下の小さな扉を作っていました。
100_1109
現場に持ち込むと微妙に寸法が違う・・・・。
無理やり、かけやを使って押し込んだら収まりました。
でも、やはり、修正が必要・・・・
次回はヤスリを持参して修正です。

*
*
*
埋め込むのを諦めた水槽の
周囲を石で囲んでみました。
100_1116
西から
100_1114

東から
100_1115

南から
100_1112

北から


何も留めていません、ただ、積んだだけです。

夕方にこんな作業をしていると・・・・
「賽の河原」の臨場感たっぷりです。
風の音、葦の葉の揺れる音、
周囲に妙な気配を感じたりして・・・・・汗

誰のために石を積みましょう(笑)

雨水が溜まると沈んだりして
バランスが崩れるかもしれませんので・・・・

暫く様子見で、落ち着いた頃に何らかで
固めようとは考えています。

延長に、石積みのロックガーデンも面白いかもしれません。


| | コメント (4)

2014年11月 2日 (日)

1967日目

@@・・・・ウソでしょ!?

100_1098
また、雨水タンク用の水槽が浮き上がっていました><

あんなにしっかり踏み固めながら埋め直したのに・・・・TT

確かに、昨日は、一日中、雨が降っていましたが・・・・
100_1083
こんな風に水槽が浮き上がるほど・・・・
いったい、何が起こっているのでしょう?

100_1100
泥の手形!?・・・・悪意のモンスターが居る(゚_。)?

そんな馬鹿な・・・・・・。

やはり、地面を掘り返したことで、
地面の粘土層の場所が入れ替わったりで、
目に見えない地下の水の浸透経路が
変わってしまったのかもしれません。

そして、前回も書きましたが
泥水の比重>雨水の比重が
水槽を押し上げてしまうのかもしれません。

最近は、よく土石流の災害の映像を目にしますが
きっとこういったことが川の流域や斜面だったら
もっと大きな変化をもたらしてしまうのだろうな・・・と
ふと思った次第です。


青い水槽の色が景観を損ねるので
埋めて使おうと思いましたが、
この場所では無理なようです。

諦めて、溜まった雨水を柄杓で汲み出し
場所を変えることにしました。

100_1087
トノサマガエルがのびのびとくつろいでいます。
100_1103
水を汲みだしても場所を退く気配がありません。
100_1102
水が少なくなるにつれて、サワガニが姿を現しました。
どこから、やってきたのでしょう?
畑で見るのは初めてです。
小さな水性昆虫もいました。

こんな風にして、水辺があれば、
あっという間にビオトープもできてしまうのかもしれません。

100_1104
トノサマもやっと、場所を譲ってくれました^^
*
*
*

青い水槽を引きずりながら、
畑のどこに置こうか・・・・
あちこちに、仮置きをして眺めてみました。

100_1106

結果、小さな柿の木が植わっていた場所・・・
柿の木に場所を譲ってもらって落ち着きそうです。

地面に埋め込むのも諦めました。
周囲に石を積んだらどうだろう・・・・・・と
イメージを掴むために大雑把に積んでみました。

「よし・・・、こんな感じで行こう!」と決めました。

石窯の石積みは後回しになりました^^

今日は水槽の掘り起しと移動。
そして、前回焼き払った毛虫の残党退治・・・・まだまだ居ます。

上を見上げると、
アカメガシワの大木に大発生していました。

100_1096
少し前から、ガスバナーの調子が悪く、
分解して、レバーのバネを修正しながら使っていましたが
とうとうダメになってしまったので買い替えました。

落葉まで、暫くこの作業も続きそうです。

今日は湿度が高く、枯草も雨水を含んでいたので
燃え広がる心配もなく作業ができましたが憂鬱な作業です。
*
*
*
おまけ画像:雨上がりの畑の不思議

100_1089
あっという間に現れ、マジックのようです。

100_1090


| | コメント (6)

2014年7月30日 (水)

1862日目

仕事がいつもより早く終わったので
日暮れまで畑へ・・・・と思って5時半頃家を出ました。

日も翳って少しくらい作業もしやすいかなぁ・・・
と、判断したのですが・・・・・、

平日のこの時間は失敗でした><
帰宅ラッシュの渋滞で畑まで1時間も掛かってしまいました。

6時半から1時間程、農道の草刈りの続きをしました。

写真を撮る時間もなく
帰り際、暗闇の畑にカメラを向けました。
100_0031
下の畑、真っ暗です。


上の畑・・・・何を撮るという意図もなくシャッターを切りました。

100_0030
映ってしまいましたね・・・・><

たくさんのオーブが・・・・・・・○O。o(">o<).。O○


左上の木陰にひとつ、はっきりと・・・・( ▽|||)サー
右奥の木陰にもわもわっと薄く大きなものが数個。
中央の闇に、濃淡のある大小さまざまなものが・・・・

‘自然現象’と、とるか!?
‘霊魂説’をとるか^^!?

背筋のゾーッとするような、お盆の話には少し早いですね。

「霊魂の超常現象だよ。」なんて言わないでくださいよ。

夜、トイレにひとりで行けなくなりますから・・・・・・笑。
畑に行くのも怖くなってしまいますから・・・・><

ここは山中なので夜露が結ぶのも早いです。
カメラのレンズが捉えた水滴の乱反射かもしれません。


カメラが直ってきています。
細部にわたってメンテナンスをしてくださったようです♪
20140725_091547_android
液晶もレンズも、レンズフレーム、
電池カバーも新品です^^。

20140725_092301_android
動作も、以前にも増して、軽快です♪

だから、といって、写らなくていいものまで
捉えるのは・・・・・・ちょっと(汗)

| | コメント (6)

2014年5月31日 (土)

1802日目

週末、昼間は30℃超えの暑さになりました。
3276700
休日に、お弁当持ちで一日畑で過ごすというのが
無理になってきました。
3276711
ヌルデの木陰です。
果樹の木陰ができるまで夏には貴重な木陰です。
3276732
紅葉の木陰に沿って園路を拡張していこうかなぁ・・・
と、思いつきの作業です。
この場所からも、都合よく、粒揃い(20cm~30cmくらい)の
石が掘り出せ、境界に並べることができました^^。

3276738
芝生との境界つくり、そして草刈りも兼ねた作業です。


この日は、実生のミラベルも畑に持って来ました。
3276735


草花も夏、秋への花に入れ替わりつつあります。
3276741
石の上に浮かび上がった楔文字のような・・・・
なんだろう?・・・・と、近づいてみたら、
3276722
^^こちらも変身を遂げた痕のようです。


この日は午後3時くらいから7時迄くらいの作業。
汗をかいたあとの夕刻の風は心地いいです。
3276745
午後7時JUST。
3276746
まだ明るい畑です。
・・・と、写真を撮って遊んでいたら

3276747
すぐに夜の帳(とばり)が・・・・・・・・・・^^笑


| | コメント (4)

2014年5月12日 (月)

猿大量捕獲

@(/・\)@ミザル・・ではありません。

見てしまいました。市の広報誌の一部の記述を・・・

@(o・x・o)@イワザル ・・ではありません。

こんなワクワクするお話を言わずにはおられません^^

|@(o・ェ・o)@|キカザル・・とおっしゃらずに聞いて欲しい><


数ヶ月前の市の議会報告書の一部抜粋他

有害鳥獣被害に対して追い払いだけでなく
捕獲へと動き出したようです。

「サル大量捕獲囲いワナ」2基の設置決定
(補正予算:350万円)・・・・・少ない><

愛知県東栄町の「囲いワナ」で猿大量捕獲をしたという
実績から導入に至ったようです。

今回の補正予算は市内の二つの猿の群れを
一網打尽にすべく設置するもの・・・・云々という説明

各地区に増設をという要望もあるが
先ずは今回の実績を見て判断という状況のようです。

さてさて、わくわくする猿大量捕獲の
大捕り物はいつ行われるのでしょう!?

とうとう、猿大量捕獲か!!!と思われた方
すみません><
‘猿大量捕獲’と、なればいいなぁ・・・というお話です。

「囲いワナ」が成功しますように祈るばかりです。



干上がった池に砂利を敷いてみました。

覆いかぶさっている葉っぱは
小鳥が運んだ実生から芽吹いた南天の葉っぱです。

今夜の雨できっと明日は満々と水が張られるでしょう。

(猿が居るような気がした^^!?、気のせいです・・笑)


きょうのおまけ画像
‘酸果桜桃ノースサワー’
3276293


3276412


3276496


| | コメント (4)

2014年5月11日 (日)

’14.5月中旬

1781日目 の作業など・・・

まだまだ、このくらいの暑さなら大丈夫・・・・と
伐採した雑木の根っこのいくつかを掘り起こしました。
3276560
宿根草のいくつかを植えつけたかったので・・・・・^^

3276556
その延長でお気に入りモミジの枝の誘引をしました。
3276555
サクッ・・・と軽快な音で大きな枝が折れましたTT
構いすぎて・・・、可愛がりすぎてダメにする典型です(苦笑)


さらに、ついていないことに・・・・
用意したお弁当を持ってくるのを忘れました。
3276541
幸い、小屋には保存食を置いています。
災害に備え・・・というほどのものではありませんが、
ペットボトルの水、インスタントスープ、缶詰など。

カセットボンベコンロなどの燃料も・・・・・・^^

こうしたものは賞味期限もあるので
きょうは、これらを昼食にしました^^

3276545
イチゴはまだ色んでいませんでしたが
3276544
小さなワイルドストロベリーがポツポツと
色んでいたのでそれらも・・・お腹に収まりました^^。


午後はDickさんが挿し木してくださったハクチョウゲが
3276579
そこそこ大きくなってきたので
3276578
園路の境界として植えつけました。


以下、本日植えつけの備忘録。
カラーリーフ
3276610
ジャーマンアイリス
3276562




きょうのおまけ画像。
3276605
ビックリグミの結実
一回のジベレリン処理でしたが、ちゃんと生っています^^

| | コメント (4)

より以前の記事一覧