« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月10日 (木)

2956日目

晩夏の畑の風物(詩)のような光景

Dsc_4127

虻の出現です。

Dsc_4123
虻は肉食なのでしょうか?

ニイニイゼミが襲われる~と
カメラを近づけると


Dsc_4124

虻はニイニイゼミの背中から
渋々退いて行ったという感じです。

これが怖くて、夏場は防虫頭巾が欠かせません。

最近はタオル地に目の周辺だけ、
防虫ネットを窓にして縫い付けて被っています。

相変わらず、怪しい格好で刈払機を掛けていますが
毒虫からの防御で、格好など構っていられません^^

きょうはアキアカネが沢山飛んでいました。

季節も少しずつですが秋に向かっているようですが・・・

毒虫が飛ばなくなるくらい涼し日が待たれます。


Dsc_4115

今朝はお墓参りの道すがら、
海辺まで足を運んでみました。


Dsc_4114

水辺に、白鷺と鵜が佇んでいる姿が
一枚の画像に収まりました。

真っ白な鷺と、真っ黒な鵜
お互いにどんな風に写っているのでしょうね^^

Dsc_4110


| | コメント (4)

2017年8月 9日 (水)

2955日目

台風一過から、はじめて畑を覗きました。

台風の通過中は近隣の河川から
次々に氾濫危険水位に近づいたと
避難勧告メールが次々と鳴り、眠れない一夜を過ごしました。

農道脇の川も増水していたに違いない・・・と、
以前の様に農道が陥没していたりしては車も通れないので

今日は、車を小高い場所に置いて
歩いて畑の様子を見に行くことにしました。

果樹に限らず、花木も傾いたり、根っこが持ち上がっていたり
そんな光景もありましたが、
思ったほどに荒れてはいませんでした。

背の高くなった草に刈払機を掛けますが
時々蔓草などが絡まって、
何度も手で解きながらの草刈りで、
暑さの中、大変な草刈りになりました。

Dsc_4103

アケビの茂みが大きく覆いかぶさった足下に
リコリスのスクアミゲラが咲き始めていました。


Dsc_4105
荒れた畑では見てくれる人も居なさそうなので
すべて刈り取って、
お盆のお墓参りの花に添えることにしました^^

そして、小屋横のブルーベリーが沢山
真っ黒に熟して生っていたのを摘んで帰りました。

周辺の水田も、例年通り、今月末頃からは
稲刈りも始まりそうな雰囲気で、稲穂も頭を垂れています。

ようやく暦の上の「立秋」も過ぎました^^

今後、台風もなく
穏やかな秋に移行していって欲しいと願っているのですが・・・・

| | コメント (2)

2017年8月 4日 (金)

2950日目

当地の今日の 日の出時刻は 午前5時10分
ちょっと早く家を出過ぎたかなぁ・・・・と思いましたが
4時50分くらいから、白々と明るくなってきました。

畑に着くまでは霧雨状態
パーカーを羽織れば行ける・・・・と思っていましたが
畑に着いた途端、本降り・・・・・・

最近、こんな日ばかり

前回から8日ぶりの畑です。

せっかく来たので、草刈りは無理でも
傘を挿してザッと見回り・・・・・

車を降りた途端、目に映ったのが、これ・・・
Dsc_4104

「なんちゃってポンプ」ポンプの形をしていますが
水栓をひねれば水が出る・・・・という仕掛けの
水タンクが仕込んであったテラコッタ鉢が台と共に倒れ
見事に割れていました。

台風でも倒れたことがなかったのに・・・・・
何者かが現れ、倒した感じです。


スモモの木の下
Dsc_4107

品種を描き留めたプレートが引き抜かれ・・・・


Dsc_4105
食べ漁った痕跡が

Dsc_4106_1
所々に・・・・・


Dsc_4109
そんな中で、急遽、撤収してきた
スモモのスカレーットとシュガープルーン

スカレーットは100gを超えてきて、
大きくなりそうな雰囲気のスモモですが、
晩成ですね・・・・そして紅くなる前に落ちてしまいます。
やはり残念な品種です。

*
*
*
夕方、少し風が吹いて、
涼しそうだったので出直しました。


Dsc_4111

蚊取り線香を木にぶら下げながら
残ったブルーベリーを収穫。

朝の状況を少し冷静に、
畑を歩いてみると、鉢を倒したものが
イノシシであることが判明

畑のあちこちに、掘り起しの痕跡がありました。

午後は予定外でしたが
農道の轍の間の草が随分繁茂して
車体を擦るので、農道の草刈りに終始・・・・

畑の中は草塗れのまま放置です^^
夏の畑は、例年、こんな感じですね。


| | コメント (4)

2017年8月 1日 (火)

蟲たち

きょうは、朝からワシャワシャと騒がしい庭・・・・・

どこから聞こえているのだろう・・・・!?と、
庭に出て、目を凝らし、探してみると

なんと、小さなミラベルの木に
3匹もクマゼミが止まっているではありませんか^^

Dsc_4096

近年、言われている「クマゼミの増加、アブラゼミの減少」を
目の当たりにした感じです。


Dsc_4097
幼い頃はアブラゼミやニイニイゼミばかりで
透明な羽根を持ったクマゼミが貴重で
カッコイイ存在に写っていましたが・・・・・・

今やアブラゼミが貴重な存在のようです。

ヒートアイランド現象が原因とかも聞きます。

近年の猛暑のような気候が南方系の種でもある
クマゼミにはとっては住みやすい環境だから、
クマゼミが生き残っていく・・・・とか。

確かに近年は昔のような「夏」とは違って来ていますものね。

ヒトも殺人的夏に負けてしまうという事態も
起こりうるかもしれません。


この方も、南方系の蝶なのでしょうか?
Dsc_3912
私は蛇よりもこんなチョウチョが大嫌いです><
チョウチョが飛んでいると不穏な空気を感じます(笑)

卵など産み付けられたら最悪ですから・・・・・
幼虫も気味悪い風貌をしているでしょ?

夏は虫たちの天国でもありますね・・・・・


あまりに暑いので、最近の日中はエアコンの効いた部屋で
「蟲使いナウシカ」の絵など描いたりして過ごしています^^
Dsc_4091
早く、涼しくなってくれないでしょうか?

庭先で見かけた涼しげな草花を載せておきます^^
Dsc_3979
ムスクマロウ!?なんか違う!?

Dsc_3981
枯れたと思っていたレースフラワーが
小さく芽吹いて咲いていました♪

| | コメント (4)

« 2017年7月 | トップページ