« 2728日目 | トップページ | さよなら・2016 »

2016年12月20日 (火)

ブラムリー

20161220_1
サウスウェルのブラムリー アップル ツリーが
イングランドのツリーオブザイヤーで
今年の準優勝となりました。
という情報がTwitterで入って来ました。

‘Tree of the Year'というのは
人々の生活とそれを取り巻くコミュニティに根ざした
物語の木を探している国際コンテストのようです。

20161220_4
この樹は現在のブラムリーアップルツリーの母体であり、
200年以上前に植え付けらたこと。

ひとりの庭師との出会いから
マシュー・ブラムレーが
ブラムリー「Bramley's Seedling」として
育種栽培されるようになった経緯・・・・

現在、英国には300人以上のBramley栽培者に受け継がれ
毎年83,000トン生産に及んでいることなどが記載されています。

20161220_2
そして、この樹が2016英国の最高の愛された木
The 'Sycamore Gap' Tree「シカモアギャップ」樹木だそうです^^

さらに、勝者の木は
環境パートナーシップ協会主催の
ヨーロッパツリーオブザイヤーでの
エントリーとなるそうです。

こんなコンテストがあるのですね。

他の大陸でもこんなコンテストがあるのでしょうか?

時間がありましたら、
tree of the yearを覗いてみてください。
生命感、躍動感・・・・・感動の樹に逢えるかもしれません^^

Dsc_1769
おやっ!?
こんなところにも、ブラムリー!(笑)

|

« 2728日目 | トップページ | さよなら・2016 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後はここに来ましたか。

最後、ツッコミを入れようと思いましたがしっかり繋がっていました。
ダメじゃん。

木が物語になるのも歴史がないと出来ませんね。

あらっ。
今、気付きました。
スクロールしたら何か降って来ました。
このブラムリーアップルツリーにも雪が積もるのでしょうか。

投稿: 日本一の果実 | 2016年12月21日 (水) 06時30分

こんばんは。
この樹はこの場所で長い年月にいろいろな人々を見て来たのでしょうね。
見るか見られるか!
現地へ行ってくゆらさんも見て来られたら如何でしょうか!?(^^)
私も昔、町指定の樹齢数百年もの古木達へ殺虫剤散布をしに行った事があります。
いろんな樹種がありましたが、どれも風格があってオーラが漂っていました。
そして今日は何時もは見えないモノが見えます♪笑

投稿: ホワイトモグタン | 2016年12月21日 (水) 20時09分

こんにちは、日本一の果実さん♪

ジャムやお菓子、お酒などなどの中に
聞き覚えのある果樹の名前を見つけると
つい、手に取ってみたりしますね^^
楽しいですね^^

そして、木の物語といえば、
日本一さんの柿の古木も
歴史を紡いできたという
風格を感じさせてくれますね。

80歳のお爺ちゃんも知らない昔の
春夏秋冬をどれだけ繰り返し見てきたのでしょう^^
浪漫がありますね。

雪のイングリッシュガーデンの光景も
画像で見たこともあるので
このブラムリーの木にも雪をまとうことも
あるのでしょうね^^

投稿: くゆら | 2016年12月22日 (木) 00時49分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

この木の空撮画像もとあるサイトで拝見しましたが
煉瓦塀に囲まれたまさにイングリッシュガーデンの
お庭のシンボルツリーといった感じで佇んでいました。
とても絵になる光景でした^^

モグちゃんも数知れぬ古木と会話を交わして
こられたのでしょうね。
風格、オーラ、まさにパワーを発しているのでしょう。
モグちゃんが元気なのは樹の気を貰っているから
かもしれません^^

何か見えましたか・・・・^^
見えて、良かったです。
クリスマスまでの限定仕様です♪

投稿: くゆら | 2016年12月22日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2728日目 | トップページ | さよなら・2016 »