« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

さよなら・2016

無垢な始まりから・・・・・
Dsc_1784

我武者羅に走り続け・・・・輝き・・・・

Dsc_1809
そして、幕が下りました。

ひとつの縛りから解き放たれて
新しい世界が展開していくのかもしれません。

培ってきたこと、培ってきたものは尊い・・・・

そんなことを思ったり・・・考えさせてくれたり・・・

行く年にも、来る年にも、
誰もが思いを馳せているそんな時間のあること。


さよならヽ(*'ー')*'ー')*'ー')ノ~~2016

よろしく・( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..☆2017


Road to my field・畑への道・らしからぬ締めくくり記事ですね(笑)

でも、どこかで思いは繋がっているのです。

居心地のいい庭・畑・空間を造っていきたいという思いで
日々行動していますから・・・・・^^
もちろん、来年も・・・・♪


おしまいに
畑画像がないので、
師走の花ひろばでの画像など載せておきます^^。

Dsc_1771


Dsc_1769


Dsc_1770


Dsc_1772


Dsc_1772_2


Dsc_1773


Dsc_1774


ここからはレッドヒルヒーサーの森の画像です^^


Dsc_1814_1


Dsc_1810_1


Dsc_1811_1

shineそれでは良いお年をお迎えくださいshine

| | コメント (4)

2016年12月20日 (火)

ブラムリー

20161220_1
サウスウェルのブラムリー アップル ツリーが
イングランドのツリーオブザイヤーで
今年の準優勝となりました。
という情報がTwitterで入って来ました。

‘Tree of the Year'というのは
人々の生活とそれを取り巻くコミュニティに根ざした
物語の木を探している国際コンテストのようです。

20161220_4
この樹は現在のブラムリーアップルツリーの母体であり、
200年以上前に植え付けらたこと。

ひとりの庭師との出会いから
マシュー・ブラムレーが
ブラムリー「Bramley's Seedling」として
育種栽培されるようになった経緯・・・・

現在、英国には300人以上のBramley栽培者に受け継がれ
毎年83,000トン生産に及んでいることなどが記載されています。

20161220_2
そして、この樹が2016英国の最高の愛された木
The 'Sycamore Gap' Tree「シカモアギャップ」樹木だそうです^^

さらに、勝者の木は
環境パートナーシップ協会主催の
ヨーロッパツリーオブザイヤーでの
エントリーとなるそうです。

こんなコンテストがあるのですね。

他の大陸でもこんなコンテストがあるのでしょうか?

時間がありましたら、
tree of the yearを覗いてみてください。
生命感、躍動感・・・・・感動の樹に逢えるかもしれません^^

Dsc_1769
おやっ!?
こんなところにも、ブラムリー!(笑)

| | コメント (4)

2016年12月18日 (日)

2728日目

昨日、オッちゃんにベンチを貸して帰って来たものの
胸騒ぎが・・・・・・

やっぱり、その胸騒ぎは当たっていました。

画像を載せるのも汚らしい感じで割愛しますが

お弁当のパック、割りばしがテーブルの上に散乱
おまけに食べ残しのパックがそのまま放置・・・・・

女性が一緒に居たのなら
ゴミを持ち帰ろうとか・・・・
もうちょっと綺麗に片付けていこうという
気遣いはなかったのかと・・・・
ほんとうに、開いた口が塞がらない状態、唖然としました。

人のプライベートな領域に土足でズカズカ踏み込んで
この振る舞い・・・信じられません><

今の時代にもこんな非常識な輩が居るものだと
人間不信に陥ります。

そういえば、以前も、沢山の食べ残しゴミが
放置されていたことがありましたが、
このオッちゃんの仕業だったかも・・・・と、
今、思い起こせば・・・・・。

もう、二度と来るな!と言いたいです。
今度、顔を見たら、ちょっと言わせてもらおう・・・
と思っていますが、
こんな人たちに話が通じるかどうかも・・・・。

もう、相手にもしたくありません><

*
*
*

さあ・・・、気分を切り替えて♪


Dsc_1765
きょうは、楽しみにしていたキウイ苗が届いたので
植え付けに来ました^^


もう、植え付け後の画像ですが
Dsc_1770
背の高い丸太の横に植わっています。
植えつけた根元は落ち葉のマルチがしてあります。

上の畑と下の畑の段差の境に棚を作ろうと思っています。

今までの棚もこうした段差の境に作ってきました。
こうすることで、
北風に煽られることも少ないかも?という考えです^^

この場所を確保するために
これまで植わっていた


Dsc_1771
ナツハゼ


Dsc_1772
ディアボロ


Dsc_1773

グラニースミスなどを移植しました。

剪定や、寒肥を施したり、冬場の作業の合間に
キウイ棚も組み立てて行こうと思います。

| | コメント (4)

2016年12月17日 (土)

2727日目

数日、風が強かったり、
雲行きの怪しいお天気が続いていましたが、

久しぶりに穏やかな日差しを感じて
畑に向かいました。


キウイの葉も殆ど落ちて、
取り残した実が露わになっていました^^

Dsc_1757
それを鳥が見つけて啄んでいたようです。

Dsc_1760
街中のお庭では、実った南天を守るのに
網や袋が掛けられている姿をよく見かけますが
畑では鳥たちに人気がないようです。

Dsc_1759

クロガネモチも

Dsc_1761
アキグミも、
まだまだ紅い実を沢山携えています^^

Dsc_1758

夏以降に枝を払った雑木の枝も乾いてきたので
今日も焼却をしていました。


Dsc_1762

焼却も殆ど終わり、
これが燃えきったら帰ろう・・・・と、
帰る準備をしていたら、
農道から二人の人影が近づいてきます。

私はすっかり忘れていましたが、
いろいろ、しゃべっていると、
私のことも京都の友達のこともよく知っていて、
そういえば、通りすがりのオジサンと
会話を交わしたかも・・・と、
ようやく思い出しました。


過去記事を繰ってみると2014年の2月に
ここを通りすがったオジサンと判明・・・・(笑)

今日は、スラッと背の高い女性と一緒でした。
今から、ここのベンチで昼飯を食べさせてもらうで・・・・
と、ズカズカと入り込んできて、
勝手知ったる・・・という感じで、
ちょっと、ヾ(-д-;)オイオイ・・・と思いましたが

こんな冬の日に、ここを気に入ってか、
はたまた、好都合なスポットと認識されているのかは
判りませんが、わざわざ歩いて訪ねていらしたのだから・・・
と、

私は、もう帰りますが、どうぞ・・・・と、言ってしまいました。

一緒の女性は奥さんでもなさそうだし・・・・
娘さんの年齢でもなさそうで・・・・、

奥様ですか?娘さんですか?と聞くのも
はばかられるような微妙な雰囲気・・・・・(笑)

ここからは雰囲気的にオッちゃんと呼ばせて貰いますが
女性には躊躇いのような遠慮のような雰囲気が
見てとれて・・・・私は、早くこの場を離れたかったのですが
焚火の火がまだ消えません><

そこで、取り残していたクズのようなキウイを捥いで
食べてみてくださいと、女性に差し出してみたり・・・
あっちこっちをウロウロ・・・・・(笑)

私は、もう帰りますから・・・・・と

❝オッちゃん、火遊びはいけないよ❞

と、心の中で呟きながら、
残った焚火の火にパシャっと
水を掛けて後始末をして帰りました。

ばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!


・・C= (-。- ) フゥー・・・・・これぞ、ゲスの極み!?(笑)

| | コメント (4)

2016年12月14日 (水)

木枯らしが吹き荒れる前の近くの公園です。
Dsc_1741

雨上がりの14日は強い風が吹いていたので
もう、葉っぱも残っていないでしょうね。

Dsc_1737
いよいよ、冬の佇まいの木立。
ナンキンハゼの実を啄みに
沢山のキジバトが集っていました^^
星☆を散りばめたような白い実が
冬空に映えて綺麗です。


Dsc_1736

マユミのピンクの実も可愛らしい^^

*
*
*
昨日、友達とランチの約束をしていた時に
Nちゃんが、お酒の裸の5合瓶を
嬉しそうに抱えて近づいて来るではありませんか・・・

まぁ・・・、一升瓶でないから、いいか・・・・
って思っていたら・・・・・

「ハイ」と手渡しされて、
よく見たら、「さんずいへん」ではなく、「さくつくり」でした^^(笑)
Dsc_1752
「みかん」の果汁を酢酸発酵させて熟成した
蜜柑果実酢だそうです。

爽やかな甘味のある
文字通りの美味しいお酢を頂きました。

美味しいお酢を教えてもらって・・・・
これは、ちょっと嵌りそうです^^

私は・・・・・・というと、
来年の干支、酉に扮したキューピーちゃんの
絵柄のボトル入りマヨネーズを
持参していました^^

Dsc_1758
たっぷりランチを楽しんで・・・・・・、

年内、また会うかもしれませんが
師走の挨拶を交わして別れました(笑)

***

そうそう・・・・メロン味のキウイ♪
Dsc_1747

左側の緑の濃いのが「香緑」
右側のライトグリーンのキウイが「グリーンライト」

イイ感じに熟してきました。
「グリーンライト」はほんとうに甘くなりますね。
糖度計は持ちませんが、ここまで甘くなるのですね。

メロン味のジュース・・・・納得です^^
甘さもさることながら、「グリーンライト」は
香りの立つ、甘いキウイですね。

「香緑」も甘いキウイになって来ましたが
「グリーンライト」の甘さとはまた違いますね。

こうして、緑のキウイも
「ヘイワード」「グリーンライト」「香緑」
それぞれに味合わせていただきましたが
個性というか自己主張のある味わいがあるのに
驚かされました。


興味深い体験をさせていただき、
ありがとうございました♪


| | コメント (4)

2016年12月11日 (日)

2721日目

1719日目と1721日目のまとめ日記です^^

1719日目は畑まで自転車で出かけました。

Dsc_1746
片道、道のりおよそ12kmです。
いい運動になりました^^

Dsc_1742_1
両日ともに伐採残渣の焼却に勤しみました。
残渣も良く乾き綺麗に燃え、
随分、片付いた感じがします。
Dsc_1744_1
連日の寒さですが
陽だまりではオキザリスが咲いて居たり、
Dsc_1755
色々なキノコの姿も見かけます。

Dsc_1743
散歩道で見かけたモミジバフウが
可愛らしい実をたくさん着けていました^^

澄んだ空も綺麗です。

空気が澄んでいると
星もイルミネーションも綺麗に見えます。

Dsc_1782
・・・・で、いえ庭の木に
LEDのイルミネーションを飾り付けてみました。

スマホの暗視画像でシラケていますが・・・・(笑)

Dsc_1785
HCでソーラー電池充電、100球のLED電球の
イルミネーションを見つけました♪

センサーで周囲が暗くなると
自動的に点灯するという機能も付いて¥798

いいもの見つけたでしょ^^

自動点滅もするし、電源も要らないので
これは畑でも使えるかもしれません。

夜間の害獣たちにもクリスマス気分を・・・・笑

ではなく、
パカパカ点滅するので
害獣除けになればいいですよね^^

コードも11.8mあってもLEDだからとても軽いです。
数個あれば、結構な範囲をカバーできますね。

やってみようかなぁ・・・・・・♪

| | コメント (4)

2016年12月 7日 (水)

2717日目

暦の上では「大雪」12月7日の畑です。
Dsc_1735
山茶花が綺麗なので再掲載^^

Dsc_1736_1

モミジも随分、散ってしまいましたが
まだまだ、綺麗です。

Dsc_1741

垣根リンゴの立枝だけを切ってみました。
Dsc_1752
ここから、いつも悩むのですが・・・・
こういった垣根仕立ては
間引き剪定をすればいいのかしら・・・・?(゚_。)?(。_゚)?
と、いつもいい加減です^^

***

今日も伐採木の残渣や細い剪定枝の焼却をしていたら
いつもの80歳のお爺ちゃんが来られました。

私のしている焚火が
「狼煙(のろし)」になっているんだそうで・・・・

この煙を見て、私が来ているのが判るそうです(;^_^A

でも、寒々とした畑での作業は、風が無ければ、
どこかで火を焚いていたくなりますから・・・・・^^

焚火にあたりながら、しばし、雑談。

近所の激安スーパーの話・・・
お年寄りの車の事故の話・・・
路上生活者の話・・・
無差別テロの話・・・

他愛もない話ばかり・・・・・(笑)

また、桜の咲くころに・・・・と、
おっしゃって帰られましたが
前回もそう、おっしゃっていたような・・・・・(笑)

またお爺ちゃんを呼んでしまう狼煙になるかもしれませんが
伐採残渣がよく乾くように櫓を組んで帰りました。


Dsc_1742


| | コメント (4)

2016年12月 5日 (月)

初冬の散歩道

もう、きょうは5日です。

師走の一日は短く感じますね。

Dsc_1762
初冬の散歩道^^

Dsc_1768
♪ プラタナスの枯葉舞う冬の道で・・・・・♪

Dsc_1770
♪ プラタナスの散る音に振り返る・・・・♪

懐かしい歌声が聞こえて来そうです。

いい詩を歌っていましたね・・・・はしだのりひこさん!

Dsc_1772
プラタナス(モミジバスズカケ)の幹

Dsc_17721
画像を180°回転してみると
凹と凸が入れ替わって見えます^^


*
*

♪振り返らずただ一人一歩ずつ
振り返らず泣かないで歩くんだ
何かをもとめて振り返っても
そこにはただ風が吹いているだけ♪
*
*

ああ、やっぱり、いい詩ですね。
Dsc_1766

時間があったら、
はしだのりひことシューベルツ「風」を
是非、この季節に聞いてみてください。


Dsc_1764


| | コメント (4)

2016年12月 3日 (土)

2713日目

今日はレモンの収穫!
Dsc_1760
というより、いつまでも生らせて置いても
しょうがないので撤収です^^

酸っぱそうな画像の後にもうひとつ^^
Dsc_1757
すだちの皮をむいて食べてみました。
おぉ・・・・・・すっぱ美味しい><・・・・(笑)

Dsc_1756
今年、初生りのヘイワードはこれだけの収穫。
再確認の味見が楽しみです。
***


例年の光景ですが、
Dsc_1750


Dsc_1748

今、畑では山茶花が見頃です。
Dsc_1761

そんな、今日は・・・・・、
大きくなりすぎた白モッコウバラを
倒そうと決めてやって来ました。

Dsc_1744

夏の終わりに一度、切り詰めていましたが
それからも新梢はグングン伸びて
もう手に負えなくなってきました。


Dsc_1745

根元のほうの幹は手首くらいの太さになっていました。

Dsc_1746
ハイ・・・・
格闘の末、スッキリ切り倒すことが出来ました^^

夏に鬱蒼としていると、そこに
獣が潜んで居そうで、怖かったのもあるんです(笑)

これでスッキリ、さっぱり、
見通しのいい畑になります^^

| | コメント (4)

ホワイトモグタンさんから
これがメロン味のキウイだよ・・・て
宅急便が届きました。

Dsc_1743
追熟用の林檎やゆず、ブドウの穂木
そして、貴重な蜂蜜も入れて下さっていました^^

Dsc_1762

同じ品種のキウイでも追熟用の林檎の種類によって、
味が別もののように変わってくるともおっしゃっています。

香りの強い林檎、黄色系などと追熟すると良い味に仕上がり、
ふじ系統などは追熟に向いていないそうです。

興味深いお話です^^

それでは、メロン味のキウイを食べてみます。
ちゃんと歯磨きもして、深呼吸をして・・・・・(笑)

Dsc_1768

舌の感覚装置が果肉を掻き分け、掻き分け
メロン味を探します・・・・・(笑)

あっ・・・・・・・これかな!?
いや、ちょっと違う。

むっ・・・・・・・これっ!?
うむ・・・・・でも、微妙。

確かに甘いのは甘いけれど・・・・
熟し過ぎた部分でも味が変わってくるし・・・・
*

*

*

ちょっと、仕切り直し・・・・・・^^
Dsc_1769
再、テイスティング!

さっきより、メロン味が遠退いたような気がします(笑)

ふとした瞬間に、これがメロン味かな!?と
思う部分もありましたが・・・・

メロン味というより、どちらかと言うと
グリーン系の葡萄を食べた時の
果肉と果皮の間で味合う爽やかな甘みに
似ていると思いました。

また、モグタンさんは
「メロンソーダーの炭酸が抜けたような
甘い香り?味?がします。笑」
ともおっしゃっていましたが

こちらの印象の方があるかなぁ・・・という感じです。
ほんとうに甘いんですよ。

ドレンチェリーって、ケーキやお菓子の装飾に使う
さくらんぼの砂糖煮をご存知ですか?


00184602_n
画像をお借りしてきましたがこんなの^^

こんな雰囲気の風味と甘みを感じます。

この辺がメロンソーダーに使われる
酸味料や香料に似ているのかもしれませんね^^


今回、クリーン系のキウイでも品種によって
こんなにもひとつ、ひとつ
甘み、風味の個性があるのだと知ることが出来ました。

ホワイトモグタンさん、お忙しい中、
美味しいキウイを送ってくださって、
ほんとうに、ありがとうございました♪

・・・ということで、
❝メロン風味のキウイの旅はまだまだ続く・・・!❞
(笑)


| | コメント (2)

2016年12月 1日 (木)

畑の開墾で壊れたスコップを塗り直しました。

風雪!?ではない・・・
風雨に耐え、さび錆、ボロボロになっていたので・・・・
余っていたペンキでペタペタと^^
Dsc_1738

でも、ホント壊れるときは紙が破れる様に
折れ曲がってしまうんだから・・・・・・
Dsc_1740

普通は破れない!?(笑)
20161130_164740_112

かつてのユリゲラーのスプーン曲げのように
曲がるときは曲がります。
*
*
*

昨日、雨が降り出しそうで、降らない・・・・・・
空模様を伺っているうちに
中途半端な時間になってしまったので
近くの公園まで歩いてみました。

Dsc_1711
メタセコイアなどの紅葉する針葉樹もいいものです。

公園の中に小高い築山があります。
20161202_1_2


チェックをしたところから見ると
伊勢湾が望めます。


Dsc_1709

水平線やタンカーが浮かんでいるのが見えます^^


| | コメント (4)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »