« 一房の葡萄から | トップページ | いえ庭 »

2015年9月10日 (木)

2486日目

当地は台風の進路の中にあったにも拘らず、
雨、風の被害にあうこともありませんでしたが、

関東、東北では記録的豪雨で大変な被害が出てしまいましたね。
心よりお見舞い申し上げます。

畑も里山の谷にあり、農道の脇に川が流れているので
たくさん雨の降った後などは、
なんとなく畑行きも憂鬱なものがあります。

ほんとうに雨がよく降ります。

夏の荒れた畑の草刈りも、あとから生えてくる雑草の
二巡目、三巡目の草刈りに追われている感じです。

*
*
*

草の中に埋もれていた小さな柑橘の苗も
漸く姿を現してきました。

まだまだ、ひざ丈レベルの木です。

上半分が切れている葉っぱが沢山あるのは、
新芽が伸びると何者かが齧ってしまうからです。

それでも、少しずつ実を着け始めています。


Dsc_2398
‘弓削剽悍’

Dsc_2399
‘甘夏’

Dsc_2397_1
種なし‘スダチ’

‘スイベルシーライム’はこの夏に何故か枯れてしまいました。

これで ‘スダチ’もほんとうの種なしになれるかもしれません^^

*
*
*


夏前に手がけ始めたキウイ棚が
夏の暑さで中断しています。
Dsc_2434
雨の日に部材を加工したりしていました。

Dsc_2404

また、長尺の支柱を差し込んで棚を組む造りですが・・・
何だか、塗料の色がかなり違います。

どうしちゃったんだろう!?光の加減!?
・・・・・まあ、いいか^^。

|

« 一房の葡萄から | トップページ | いえ庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台風が去って、これから秋らしくなって行くのでしょうか。
ただ今回の雨で草もまた勢力を盛り返した感じですね。

くゆらさんもそろそろ始動でしょうか。
秋が深まるにつれくゆらさんの苦手な昆虫や虫も減って来きます。
取り敢えず春や秋は先々に向けて準備をして行きたい季節ですね。
酸っぱい系がお好きなくゆらさんは甘夏をしっかり成長させて下さい。
これはお猿さんも食べないと思います。

投稿: 日本一の果実 | 2015年9月12日 (土) 10時12分

こんにちは。
本当にこの度の洪水の被害は心が痛みますね。
私も栃木県全域に大雨特別警報が発表された時は心配と不安で全く眠れませんでした。
温暖化現象によって今後、こうした被害は増えてくるかもしれませんね。
竜巻もそうですが、何処で起きても不思議ではないのが怖いです。

キウイ棚は夏の暑さで傾いてしまったのかと思いました。(^^:)
完成が楽しみですね♪

投稿: ホワイトモグタン | 2015年9月12日 (土) 10時20分

こんにちは、日本一の果実さん♪

畑の果樹はまだまだ収穫に至るものはありません。
その分、マイペースで畑に出向いている感じです^^

草もまだまだ頑張りますね。
コスモスと草の繁茂した部分を
なんとかしたいと、足掻いています^^

柑橘はどうでしょう?
昨年は収穫間際の僅かな温州ミカンを
お猿に全部持って行かれました。

甘夏もガードしてみようと思いますが
目立ってくると盗られてしまうかもしれません。

敵もさるもの・・・・まんま、猿です(笑)

投稿: くゆら | 2015年9月12日 (土) 19時11分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

ホワイトモグタンさんのところには
被害が及ばなくて良かったです。

ほんとうに気候現象も変わって来て
予測のつかないことが多く怖いですね。

毎年、夏は傾くどころではなく
ココロがクタクタにねじ曲がってしまいます。(笑)

雨の間にいろいろ、ペンキ塗りなどしていましたが、
キウイ棚も、来春までになんとかなれば・・・・と
思っています^^

投稿: くゆら | 2015年9月12日 (土) 19時12分

こんばんは。
そちらは台風の被害がなくて、何よりでした。
柑橘はたくさん実がなっていて
楽しみですね。
でも色々注意が必要かもしれません ね。

キウイのアーチ型トンネル
でしょうか?
花も這わせるのでしょうか?
こちらも楽しみですね。
色は左右違います^^

投稿: my | 2015年9月13日 (日) 22時30分

こんにちは、myさん♪

柑橘もまだまだ木が小さいので
実を着けさせるのも問題かもしれませんね。

アーチはキウイだけ・・・と思っていますが
既に野生の蔓が上っています^^

色が左右違うのは塗装前と、塗装後だからです。
塗装した色がアーチの三角の部分と色が
違うような気がして・・・・・笑

畑に置いている別の塗料の缶があるのかもしれません^^

投稿: くゆら | 2015年9月14日 (月) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一房の葡萄から | トップページ | いえ庭 »