« 2163日目 | トップページ | 2164日目② »

2015年5月11日 (月)

2164日目

お昼すぎのことです。

Dsc_0827

畑の西の端から二人の男性が
地面に目を下ろしながら園路を歩いてきます。

Dsc_0824
何かを探している様子で、
小屋の鍵を開けている私の姿にも気づかない様子です。

Dsc_0822
--こんにちは、何かをお探しですか?--

と、声を掛けてみると、

「あっ、こんにちは、いえ・・・ちょっと。」
「ここは公園ですか?この時期になると、
いつも、ここに来ているのですが、
どんな方が管理されているのかなぁと、思ってて?」

--^^--

私の顔を見て
「すると、ここは私有地ですか?
いつも、綺麗にお花が咲いていて・・・・。」

--いえ、この時期は、もう雑草に塗れて、
満足な管理ができていませんが・・・--

「きょうはトンボを・・・・。」

--トンボ!?カワトンボですか?--

「ムカシトンボといいますか、ムカシヤンマという
少し大型のオニヤンマのようなトンボが
そろそろ、羽化している頃かなぁ・・・と思いまして
いつも、この時期になると
この辺りで、写真を撮らせてもらっているんです。」

--そうでしたか・・・・。--

「ええ、割と大きなトンボで地面の低いところを飛んでいて
地面にへばりつくように止まっていることがあります。
ふとすると、こんなところ(肩や胸に手をおいて)に
止まってくるトンボです。」
「でも、今年はまだ一週間くらい先かもしれませんね。」

--そうですか・・・、また気に留めて見てみます。--

「ハイ。ここはいろんな虫が多くて大変でしょ!?」

--ええ、虫、毛虫、これからの時期は大変です。--

私有地と解って、少し気まずい雰囲気があったのでしょうか?

そのまま、二人の男性は園路を通り抜けていきました。

と、そのすぐ後、二匹のトンボがどこからともなく
舞い降りて来ました。
Dsc_0801
おや!?
これはもしかして・・・・と、
二人の男性を呼び止めようと声を掛けて見ましたが
声が届かなかったようで・・・・、
ムカシヤンマと違っていたらいけないし・・・と、
すぐさま諦めました^^

でも、家に帰って調べてみると、
これはまさしく、‘ムカシヤンマ’でした。

(クワゴマダラヒトリの毛虫やイラガの繭も写っていますが・・・)
Dsc_0815

日本固有種のトンボで
生きている化石といわれる‘ムカシトンボ’と同じように
原始的な特性を持ち、他のトンボと違い、
生殖弁ではなく、産卵管を持っているそうです。
Dsc_0813

成虫になるのにムカシトンボは5年~7年。
ムカシヤンマは約3年を要するようです。
Dsc_0810


三重県では、
準絶滅危惧(NT)の指定を受けている種のようです。

Dsc_0805

この後は開いている車のハッチバックの縁に止まったり
石の上に止まったり、ほんとうに、おっしゃっていたように
へばりつくように止まり、まとわりついて来るという
表現そのもののように、きょうは風の吹く中、
このトンボが畑で遊んでいました^^


では、貴重なトンボのようですので
ブログUPが許される最大サイズの画像で・・・^^

Dsc_0816_2

お二人の男性に代わって記録
5月11日‘ムカシヤンマ’確認です!

Dsc_0823

Dsc_0825

|

« 2163日目 | トップページ | 2164日目② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
公園と間違われるという事は、それだけ管理が行き届いていて、いろいろな植物が植えられている証だと思います。
あとは、モンスターのくゆらさんが人に間違われるように努力してください♪ (^^)

そちらには珍しいトンボが生息しているのですね。
くゆら園の環境が気に入っているのかもしれませんね♪
こちらも2週間くらい前にシオカラトンボみたいなトンボを見かけました。

投稿: ホワイトモグタン | 2015年5月12日 (火) 18時07分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

こんな風に私の知らない部分で色々な人が
野生動植物に出逢いに訪問しているのかもしれません。

山野草、鳥、昆虫・・・
もっと細分化して、蝶・トンボ・甲虫とこだわりを持って
里山を歩いている人が居るのかもしれませんね。

ホワイトモグタンさんの見かけた
シオカラトンボみたいなものも
‘ムカシヤンマ’かもしれませんね。
少しお勉強しました^^北関東のご当地でも
準絶滅危惧(NT)の指定種になっております。

ヤゴの時代は水中に居ることは殆どなくて
コケ類が茂り水が滴り落ちるような
綺麗な水の場所でおよそ3年間過ごすようです。

原始的な暮らしがぴったりな
ムカシホワイトモグタンさんの生息地も
きっと、そんな場所がおありですね^^。

ホント、
なんでデカい私に気付かないのでしょう(苦笑)

投稿: くゆら | 2015年5月12日 (火) 18時45分

トンボの羽は見事に対称ですね。
遺伝子が見事に組み込まれています。
小さなものを拡大すると普段見えていない部分に気付かされ驚きますね。
トンボの羽は凄い。

ヤゴは下積みの生活が長いのですね。
私は日の目を見ることはありませんがヤゴはトンボになって自由に大空を舞って欲しいものです。

くゆら園にホタルはいますか。
良く嵌る用水路辺りに。
トンボ・ホタル、それに爬虫類、猿。
自然が残されていますね。

投稿: 日本一の果実 | 2015年5月13日 (水) 04時56分

立派に、企業のトップに君臨していらっしゃる方が
日の目を見ない!?
何をおっしゃっているのですか?(笑)

日の芽や果樹の芽を見ないのは私です^^

何気なく見て居る草花や、昆虫が
見る人、興味を持っている方には
言い方を変えればマニアの方には
貴重な存在だったりするようですね。

今回、このお二人が通らなければ
私は‘ムカシヤンマ’という存在に
気付かなかった思います。

‘ムカシヤンマ’を覚えましたので
来年からは季節の指針として、楽しみに
このトンボを見られるようになりました♪

蛍は居ます。
地元の方が環境整備をして保護されているようです。
なので、開墾当初から農薬はむやみに使えないなぁ・・・
と、思ってきましたが・・・・
このトンボも然りのようです。

投稿: くゆら | 2015年5月13日 (水) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2163日目 | トップページ | 2164日目② »