« 2139日目② | トップページ | 2142日目 »

2015年4月18日 (土)

2141日目

石窯に火を入れてみようかなぁ・・・・
Dsc_0474

そんな気にさせたのはこれです。
Dsc_0498

3月に御母屋の片付けをしていたら
霰紋の古い鉄瓶が出て来ました。
Dsc_0479

中も外もさび錆だったのでそのまま
何気なく片付けの途中で放っておいたら、

家の者が、「この鉄瓶、復活させたいよね・・・・。」
と、言いだしたのです。

それで、ネットで鉄瓶の手入れなどをググってみると
これが結構大変。。。。。

鉄瓶を使っていると、どうしても中に錆が出てくるようです。
でも、それを触らずに使い続けると、
白っぽい湯垢がつきはじめ、それが錆を抑え込み
一晩水を入れっぱなしにしても錆びなくなるそうです。
そうしたことが、お湯を美味しくさせる・・・・・云々

錆びてしまった鉄瓶の中の錆は
.緑茶の葉を煮だし、二分目になるまで沸騰させる
作業を3回ほど繰り返すと、
緑茶のタンニンが錆と反応してタンニン鉄が生まれ
錆を抑えるようです。

また蓋の部分に緑青が出ていたのも
お酢と塩をまぜたもので磨けば取れる・・・・というので、

それらの作業をガスコンロでしていたのですが・・・
これは畑に持って行って石窯でやったほうがいいのでは・・・!?

ということで、

Dsc_0478_2

先ず、ストーブポリッシュで外側を
ゴシゴシと磨いたら、見違えるように綺麗になりました♪
(磨く前の画像を撮っておけば良かったぁ><)

石窯は以前にも書きましたが
石窯とカマドの両方を兼ねたものを考えていましたので

先ず、カマドとしてはどうなのか・・・・?
試す良い機会です^^

Dsc_0475
ここにあう五徳がなかったので
アイアンの鍋敷きを流用しました^^
Dsc_0476
いい感じで火がメラメラ・・・してきました。

Dsc_0480
鎮座しています(笑)

余談かもしれませんが・・・・・
鉄瓶の内部は決して触らないのが鉄則のようです^^

鉄瓶の中というものは永遠に触ることはないようです。
中国茶の急須も同じく・・・・・・
中国では‘余計なことをする人’の意味で、
急須の中を洗う者。と言うことわざがあるそうです。

中に湯垢の白い被膜ができるまで
毎日根気よくお湯を沸かして【育てる】のが
鉄瓶の正しい扱いのようです。

そんな気難しい鉄瓶ちゃんがまさに、鎮座(笑)
うまく育てられるのでしょうか^^?

Dsc_0483

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮・・・・ものの数分も経たないうちに
○o。.ブクブク.。o○沸騰!!!!!

Dsc_0481
火がメラメラ、
窯は大丈夫か・・・・?と心配しましたが
いい感じに対流が出来ています。

外側のモルタルに少しひびが出ただけで、
破裂することも割れることもなく・・・無事なようです。

火の燃えている石窯の石はどんな熱さなんだろう?
と何度も何度もミトンの手で触ったり、

火の燃え尽きた石窯はいつまで温かいのだろう?
恐る恐る素手で触ってみたりして
ひとり、石窯の感触を確かめていました。(笑)

Dsc_0487

? ? ?

持って行ったおにぎり・・・・(。_・) コケッ!

石窯料理は・・・これからお勉強です^^。

Dsc_0494

あっ、友達がピザを焼きに来ると言っていました^^

それがいい・・・、それがいい♪

|

« 2139日目② | トップページ | 2142日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
鉄瓶いいですね。
以前は我が家でも鉄瓶を使用していました。
鉄瓶で沸かしたお湯で入れたお茶は格別に美味しいです。
コーヒーなども美味しいかもしれません。

立派な石釜が出来ましたね!
デザイン、アイデア共に流石です。
あとは私のところに何時特大高級ピザが届くかですね♪笑

投稿: ホワイトモグタン | 2015年4月19日 (日) 20時08分

石窯は温もりを感じます。
生火だからでしょうか。
ガスとは違いますね。

鉄を錆びさせないのに黒染めと言った酸化被膜を形成させる方法があります。
タンニン鉄と言うものもあるようですね。
へぇ~。
やかんより鉄瓶の方は趣がありますね。
くゆらさんはワビ・サビの世界が似合います。

石窯はやはりピザでしょう。
私は普通の大きさでいいです。
但し具沢山でお願いします。(笑)


投稿: 日本一の果実 | 2015年4月19日 (日) 20時25分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

ホワイトモグタンさんの御邸宅には
囲炉裏があって、鉄瓶がぶら下がっていそうです。
いや・・・・素材は純金ですね^^

鉄瓶で沸かしたお湯でいれたお茶やコーヒーの
味の違いが解るようになるでしょうか?

立派な石釜???
立派なのかどうか・・・
些か疑問ですが、ありがとうございます。

石窯キットで組み立てたのではなく
他にないというオリジナリティーの部分では
自己満足できます^^

便利な時代になりました。
出来たてアツアツの特大高級ピザも
ネットや、電話一本で届くようになりました。

いつ届くようにしましょうか?
ドミノ?ピザーラ?ピザハット?
お電話しておきます。(笑)

投稿: くゆら | 2015年4月20日 (月) 04時35分

こんにちは、日本一の果実さん♪

温もりを感じますか?
これからは暑さの夏に向かいますが
心が寒くなったら、温もりに来てください^^

酸化被膜は製造時に鉄瓶の内側に
既に施されているようですね。

昨日はそれに似たことをやってみようと
中で炭を焚いてみましたが、どうなったでしょう^^?
まだ確認していません。呑気です(笑)

そうか・・・・私もワビ・サビの世界が
似合うようになりましたか?(苦笑)

日本一の果実さんのお爺ちゃんキャラの
仲間入りができるでしょうか?^^

石窯はやはりピザですか?
日本一の果実さんは酸果桜桃の
ホットチェリーソースをご持参ください。
具は勿論、自家製果物、てんこ盛りで・・・・^^

投稿: くゆら | 2015年4月20日 (月) 04時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2139日目② | トップページ | 2142日目 »