« 2008日目① | トップページ | 2010日目 »

2014年12月14日 (日)

2008日目②

100_1423
関山桜の葉が紅葉していました。
100_1424
‘花遊び’という園芸名の久留米ツツジを植えつけました。
100_1435
ガゼボにしようと思っているアルプス乙女の株元に
花菜のタネを蒔きました。

花芽の上がってきている株もあります。
100_1436
中に変わり葉のものが混じってきました。
抜かずに放っておいてみようと思います。
*
*
*

100_1431
侘助椿が咲いています。

100_1430

先週植えたばかりのクリスマス山茶花・ユーレタイド
クリスマスカラーの素敵な花です。

*
*
*
この日、出がけに一通の葉書を受け取りました。

この時期の不意の喪中葉書は
身につまされるものがあります。

彼女は同級生。
そして、敬虔なクリスチャンです。

100_1437

人の醜悪な部分を悲しみ、翻弄され、それらをも愛し・・・
そんな若かりし頃の喜怒哀楽を共に過ごした友人です。

そこから彼女は神学校に進み、聖書を学び直しました。
そして、教会を構える神父様と結婚されました。

お互いの結婚式にも出席しあい
私の結婚式に、彼女は長渕剛さんの‘乾杯’を
アカペラのフルコーラスで歌ってくれました。

明日の光を 体に浴びて
振り返らずに そのまま行けばよい
風に吹かれても、雨に打たれても
信じた愛に背を向けるな・・・・・

歌詞のフレーズそのままに
信じた神様の愛に背を向けることなく
歩み続けているのだと・・・・・

死の受け入れ方は仏教徒とは少し違うのかもしれません。
でも、文面にあるように

わが心静かなり 嵐はやみて
イエス君の御声のみ 明かに聞こゆ

みことばと賛美がクリスマスの鐘のように
今も私の心に響いております。

そんなふうに穏やかな気持ちで死と向き合い
そんなふうにご主人の永遠の安らかな眠りを
受け入れているのだと・・・・・・優しく強い人です。

私はクリスチャンではありませんが・・・・
この日の畑では讃美歌を口ずさんでいました。

神ともにいまして、行く道を守り
天の御糧もて力を与えませ・・・・祈。

クリスマスカードのやり取りだけで、
忙しく何年も会っていませんでしたが

春には花咲く畑に呼んであげたいと思っています。


|

« 2008日目① | トップページ | 2010日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年末って一年の中でも独特な時期です。

振り返る季節。
振り返って先に進む季節。
私にはそんな季節のように思います。
感傷・反省・希望・未来、複雑に入り混じりますね。
一年で一度箱から出して整理するのも必要かもしれません。

冬で一番好きなのは雪が音を立てず深々と積もる日です。
音を掻き消してくれます。
今年の冬も降り積もる日があるのでしょうか。そんな日ほど深く・静かに考えたいものです。

投稿: 日本一の果実 | 2014年12月16日 (火) 07時08分

こんにちは、日本一の果実さん♪

今年も余すところ・・・・
という時期になってきました。

慌ただしい師走の空気に乗ることもなく
例年、マイペースな年末年始を過ごしているのですが

年賀状やクリスマスカードくらいは・・・・と、
思い準備をします。

ほとんど近況報告のような内容ですが・・・・
それが自分の一年の
振り返りになっているのかもしれませんね。

‘深々と降りつもる雪'
周囲の音をも掻き消すその空気感・・・いいですね。
私も好きです。

今冬、既に豪雪に見舞われている地域の方からすれば
戯言のように思われるかもしれませんが・・・・・

年に一度、見られるかどうかの雪景色は
思いが違いますね。

投稿: くゆら | 2014年12月16日 (火) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008日目① | トップページ | 2010日目 »