« 収納ベンチ | トップページ | 1902日目 »

2014年9月11日 (木)

1900日目

まだまだ夏の荒れた庭の復帰作業の日々です。

クヌギの木がもさもさと大きく茂っていました。

100_0616

遠くから見ると、茂った葉の隙間に何やら明るい光が・・・
100_0618
まだ、百日紅が咲いていました^^

クヌギは足元から2mくらいのところまで
下枝を払い、スッキリとさせました。

100_0615

種なしスダチが生っていました。
(雑草に隠れていたので気づかなかった^^)

でもこのスダチ、昨年生った実は種だらけでした><
今年はどうでしょう?

100_0612
‘スイベルシーライム’1個だけ、初生りです。
100_0613
葉っぱはお食事中に・・・・・・

ところがこの‘スイベルシーライム’ググって
それらしき画像も出て来ません。

名前を間違えているのかなぁ・・・・・(゚_。)?

ラベル管理のファイルを引っ張り出し、確認してみましたが
_20140911
‘スイベルシーライム’であっているようです。

収穫時期や用途を調べてみようと思ったのですが
本家のHPにも載っていません・・・・・・なぜ!?

2年前のカタログの雑誌も処分してしまっているし・・・

あいまいですが・・・・
記憶ではレモンと同じような用途みたいなことが
書かれていたような気がします。
断面のじょうのうの数が少なく、
種もなく、6個くらのシンメトリーな綺麗な部屋の断面に
魅かれ、購入してみようという気になったような・・・・・?

大きさはスダチと同じくらいの大きさになっています。
何故、検索で出てこないのでしょう・・・・不思議です^^

レモンや‘ライム’の扱いですね、、、、、、、きっと。
そういえば、‘シークワーサー’というのもありましたね。


追記:
‘スイベルシーライム’では検索にかかりませんでしたが
‘シーライム’で出てきました^^。
タキイのHPから画像をお借りしました。
Suiberu

これです♪
綺麗なタネなし6部屋・・・・
この画像がイメージに残っていました。

解説もメモとして引用させていただきます。

*********************************************

スイベル®シーライム

たわわに実る豊産ライム!

1果50~80g。秋には緑皮果実、
12~3月には黄皮の越冬果実が収穫できる。
レモンとは一味違う爽やかな酸味のジューシーな果実で
ビールやリキュールに加えると美味。
病気に強く豊産で鉢植えにも向く。ミカン科

収穫時期:9月~翌年3月
*********************************************


|

« 収納ベンチ | トップページ | 1902日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こちらは先ほどまで激しい雷雨になっていました。
幾つか近くに落雷したようです。
おそらくは近くにある鉄塔に落ちたものと思います。
スダチ、沢山生っていますね。
タネなし品種でもはじめのうちはタネありなんですね。
スイベルシーライムでググっても出てきませんか。
ラベルの名前自体が間違っている可能性はありませんか?
稀にそういう事もありますよ。

投稿: ホワイトモグタン | 2014年9月11日 (木) 21時43分

ひっそり隠れていたスダチもとうとう見つかってしまいましたね。
スダチに種が入ったのはスイベルシーライムの仕業かもしれません。
お互い近くに植えてありませんか。

シークワーサーの断面ってどんなんでしょうね。
今度切ってみましょう。
綺麗な6部屋でしたらシークワーサーの可能性もありますね。


投稿: 日本一の果実 | 2014年9月12日 (金) 04時58分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

こちらも10日の深夜に雷が鳴っていました。
この日の夕方にも雷雨になりました。

視界に入る空も青空の部分と灰色の空が
同時に見えて、ほんとうに局地的豪雨というのが
このところの雨の降り方というのが解ります。

スイベルシーライムでは検索にかかりませんでしたが
シーライムでいくつか出てきました。

記事にメモとして追記しましたので・・・・・。
お騒がせしてスミマセンでした。

投稿: くゆら | 2014年9月12日 (金) 09時46分

こんにちは、日本一の果実さん♪

シークワーサーの‘シー’が気になって
‘シー’+‘ライム’!?
‘シーライム’の検索で出てきました。

本家のHPに6部屋の断面図も載っていたので
お借りして、メモとして追記してみました。

>綺麗な6部屋でしたらシークワーサーの可能性もありますね。
シークワーサーの親戚かもしれませんね^^

解説によると、もう収穫期に入っていますね。
でも収穫期:9月~翌年3月と幅があるので
どの時期に、どんな味わいで収穫したいか・・・!?
が、ポイントのようです^^

初生りの一個ですから・・・
切って味わってみるのが楽しみです。

スダチ・カボスのタネ有、タネなしは
先日、日本一の果実さんのブログゲストさんに
コメントで解説されていた、あれですね^^

確かに、スダチとシーライムは近くに植わっています。
タネの入り方の様子を見て
移植も考えてみようと思いますが

何分、狭い畑です。
上の畑に持っていくと、今度は2本のレモンの木の
傍になってしまいます(苦笑)

投稿: くゆら | 2014年9月12日 (金) 09時47分

こんばんは、くゆらさん!
一件落着、まずまず?
「ラベル管理」電子化なさっているのです、ネ。

クヌギは、自生ですか。

畑作業が例年になく遅れ気味で、、、。
ちょっと、汗ならぬ焦り気味^_^;おいしい冬野菜を夢見て頑張ります。

投稿: ムクロジ | 2014年9月12日 (金) 18時54分

こんにちは、ムクロジさん♪

果樹、野菜栽培に関してど素人です。
木の成長と共に少しずつでも学んでいけるといいのですが・・・・

品種選びもほんとうにお遊び感覚ですので
その都度、その都度、確認していかないと
収穫期も判らない有様です。

ファイルはアナログ管理です。
品種ラベルやそこに書かれている栽培法を
確認するためにファイルにとじてあります(笑)

クヌギは元々、里山にありそうなものでしょ!?
でもこのクヌギは‘ECOプランツ’として
売っていた苗を購入して植えたものです^^

植えてから4年は経っています。
未だに実はなりませんが・・・・・・

冬野菜、頑張ってください。
猿に屈していてはいけませんね。
私も何かを・・・と考えています^^


投稿: くゆら | 2014年9月12日 (金) 22時36分

スイベルとかピボットというのは建築用語です。
静岡の苗木屋が、品種名の上にそれを冠しているのですが、それらの言葉は「育て方」として商標が取られています。
新品種ではないのですが、登録されていることは間違いないので、登録商標のマーク(R)が入り、特別な品種のように見えます。
そのおかげで苗木がよく売れるし、他の苗木屋が増殖販売できないというカラクリになっています。

投稿: KOH | 2014年10月 3日 (金) 04時15分

こんにちは、 KOH さん♪

確かに、スイベルで検索しましたら
部材の画像ばかり出てきました^^

品種選びも登録商標のマーク(R)云々も解らず、
無頓着に、カタログの画像とキャッチーな文言に
魅せられて、あと、直感で選んでいるだけです・・・^^

どの果樹もまだ小さな苗木ですので
???なことばかりです(笑)

投稿: くゆら | 2014年10月 3日 (金) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 収納ベンチ | トップページ | 1902日目 »