« 桜桃エスパリエ仕立て | トップページ | 1418日目 »

2013年5月12日 (日)

Andy & Williams BOTANIC GARDEN

Andy & Williams BOTANIC GARDEN

英国・コッツウォルズの造園家さんたちが手掛けたという
本格的なイングリッシュガーデンが
日本に居ながらにして、体感できるというのは嬉しいことです。
3273413

また、たくさん写真を撮ってしまい
収拾のつかない状態に陥ってしまったので画像はひとまず
アルバムに載せておくことにしました。

風格のあるイギリス式庭園は云うまでも無く
素晴らしく憧れではありますが・・・・・


3273326

さりげない、こんな光景も好きだったりします。

3273321
開園から10年のお庭です。

3273355
樹木や植栽にどんな宿根草や球根が
植わっているのかなどは大変興味があります。

私の畑も数年後を見据えて少しでも雑草たちが
宿根草にとって換わっていってくれないものかと
画策しているわけですが・・・・・・・・・・

3273356
イブキジャコウもこんなに地面をカバーしてくれるとみごとですね。
畑のイブキジャコウもまだほんの一画ですが定着しつつあります。

3273553
Dickさんにいただいたツルニチソウも
この場所に定着しようと覚悟をきまてくれたようです^^

この畑とツルニチソウの相性は悪くないようなので
姫ツルニチソウを植えてみようと思い注文をしました。
3273512
届いた姫ツルニチソウの苗です。↑

3273178
こちらはガーデンミュージアムで見てきた姫ツルニチソウの画像



この後、キッチンガーデンで見た果樹の仕立て記事に続きます。
桜桃エスパリエ仕立て
洋梨エスパリエ仕立て
葡萄エスパリエ仕立て
林檎エスパリエ仕立て
クラブアップル・ステップオーバー仕立て
ブラックベリー・垣根仕立て


|

« 桜桃エスパリエ仕立て | トップページ | 1418日目 »

ガーデンの植物たち」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自己流と言う言葉がありますが、単に自己流と言うよりお手本をたくさん見た上で自分なりにアレンジして行く。
人それぞれに感性があります。
感性を磨き上げた自己流が良いのではないでしょうか。
レンガをバックにしたエスパリエ仕立ては一種の絵画のようです。
映えますね。
くゆらさんが写真をたくさん撮られたと言うのが良く分かります。
こう言った写真を撮ることも大切です。
至福の時間を過ごされたと思いますね。

投稿: 日本一の果実 | 2013年5月12日 (日) 06時34分

こんにちは、日本一の果実さん♪

比叡の庭も、この群馬のお庭も同じような光景ですね。
果樹をこんな風に栽培してみよう・・・
というのも近年の動向なのかもしれませんね。

そうですね・・・
お金をかければ立派なお庭が出来るかもしれませんが
でも・・・それでは、つまらない^^

‘・・・らしさ’‘・・・らしい’
自分が、楽しめ、落ち着ける場所・・・・
通りかかった人がふと、季節季節に・・・・、
植わっている花や光景に心を留めれる庭を
目指したいと思います!

投稿: くゆら | 2013年5月12日 (日) 19時58分

こんばんは。
人の顔がみんな違うように、お庭も人それぞれ個性がありますよね。
私も昔は、山一面ガーデンにしようか考えた事もあります。
そちらは猿の悪戯があるようで大変のようですが、それにめげずに楽しみなが頑張ってください。(^^)

投稿: ホワイトモグタン | 2013年5月12日 (日) 22時21分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

お庭を拝見するのは楽しいですね。
ワクワクします^^

山一面ガーデン・・・またまた
ホワイトモグタンさんらしい壮大なロマンですね。

もう、山一面、果樹園というロマンが動き出しているのですね。
素晴らしいですね。

励まし・・ありがとうございます。
猿、大丈夫です。
なにせ・・・私はボス猿だったのですから(笑)

投稿: くゆら | 2013年5月13日 (月) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜桃エスパリエ仕立て | トップページ | 1418日目 »