« 1266日目 | トップページ | きいろのきうい »

2012年12月10日 (月)

1267日目

「もしもし・・・、今日の果樹講習は・・・・?」
「ハイ・・・‘実施’と伝言たまわっております。」
「防寒装備でお越しください。」

31896
先生の後姿にも雪が・・・・・・・。

こんな日でしたが、
珍しく全員参加です^^

「主幹・・主枝・・(亜主枝)(徒長枝)(側枝)などありますが
ズーッと主枝の延長上・・・滑らかな流れの主枝の先端を
見てください。」
みなさんの視線の先も滑らかに流れます^^

31895_2

その瞬間・・・・・・、
誇らしげな主枝の先端に後光が差しましたよ(笑)

ふざけていてはいけません。

「主枝の先端」が剪定のカギのようです。
主枝の先端が水や養分を吸い上げるポンプの役割をするので
一番、高い枝になるようにする。
そして花芽は付けさせません。
光合成の働きをする葉を残すように剪定。

その主枝の先端から
不要な枝(車枝・内向枝・平行枝・徒長枝下垂枝)などを
除きながら残す結果枝の切り反しなど様子をみながら
主幹のほうに戻ってくる・・・・・と

今日は先生の剪定作業を見て学ぶ・・・
といった感じで終わりました。

結果枝をつくる、出させるような剪定、誘引・・・・
それそれの果樹によっても違うようなので
これは、大変そうです。

100パーセントうまくやろうとすると
鋏も入れられないので・・・・
練習と思ってやってみてください。(先生談)

これも、経験を積まないといけません><

31893

さて、先日撮った自分の畑の・・・・(-_-)ウーム


|

« 1266日目 | トップページ | きいろのきうい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

果樹」カテゴリの記事

果樹講習」カテゴリの記事

コメント

剪定は木全体の養分の流れを考えないと行けませんね。
枝1本1本に全体のうちの何%の養分が流れるのか。
木全体で101%は有り得ません。
結果枝に養分集中と行きましょう。
切り過ぎくらいがちょうど良いかもしれません。

投稿: 日本一の果実 | 2012年12月11日 (火) 07時06分

おはようございます。
これは何の樹、桜桃?、梨?
私は、来週から本格的な剪定を始めようと思っています。
ぶどうは、殆ど難しさを感じないのですが、
分からないのは、その他の果樹。
そうですか・・、主枝はそのように・・。
幼木時から総て開心形にすると・・、ここがまた分からない。
剪定は不可欠のようですから、試行錯誤しながら体得するしか方法がないです。

投稿: Shimada | 2012年12月11日 (火) 07時40分

こんばんは。
寒い中、お疲れ様でした。
観ているほうが寒かったのではないでしょうか?(^^)
私はいつも8時から作業を開始しますので、朝のうちは寒さとの格闘です。
厚着をして如何にか凌いでおります。(^^:)
剪定作業も、幼木、若木、成木、樹形、樹種によっても全く変わってきます。
数ヶ月の講習会で全てをマスターするのは不可能だと思いますが、剪定の基本のようなものがありますので、そうしたものだけでも学ばれておくと良いかもしれませんね。

投稿: ホワイトモグタン | 2012年12月11日 (火) 22時20分

こんにちは、日本一の果実 さん♪

>剪定は木全体の養分の流れを考えないと行けませんね。
そうですね。
人間の体の血管のように隅々まで・・・・。

花芽ばかりに目がいってしまいますが葉芽も大切です。
そして切られることによって再生しようとする
植物の力を最大限に引き出すための剪定。
理屈は解かっても実践できなければだめですね。

剪定のシュミレーション
・・・手術に臨む財前教授のようですね^^

投稿: くゆら | 2012年12月11日 (火) 23時06分

こんにちは、 Shimada さん♪

この日は桃の剪定ということで
剪定モデルの樹はネクタリンです。

出来上がった樹形で教わる剪定と
まだ育て始めたばかりの幼苗とでは
様子が違いますから、
悩むところですが幼苗だからこそ、
しっかりとした躾けが大事とも教わりました^^。

>試行錯誤しながら体得するしか方法がないです。
ハイ。そのようです^^
私もいろいろやってみることにします♪

投稿: くゆら | 2012年12月11日 (火) 23時07分

こんにちは、ホワイトモグタンさん♪

>観ているほうが寒かったのではないでしょうか?(^^)
ハイ。最近みなさんの間で流行っている
呂律が・・・・という状態です(笑)

>剪定作業も、幼木、若木、成木、樹形、樹種によっても
>全く変わってきます。
そうですね。
教わっているのは完成した樹形のものですから
まだ育て始めたばかりの自分の畑の幼苗では
様子も違うので・・・・・。
幼苗だからこそ、しっかりとした主枝作りを
しておかないといけない、ということです。

いろいろやってみることにします♪

投稿: くゆら | 2012年12月11日 (火) 23時08分

こんにちは。
剪定講習、お疲れ様です。
仰る通り、経験を積んで習得する物ですね。基本知識は私のように本で学ぶより
実地講習の方が遥かに有効だと思いますから羨ましいです。
芽はもう少し待つとより分かりやすくなるようですよ。

投稿: my | 2012年12月12日 (水) 13時01分

こんにちは、myさん♪

剪定・・・ドキドキです^^
うまくやろうとすると鋏が入らなくなる
というのは実感です(笑)

本やネットで調べることもありますが
目の前で学べると言うのは貴重な体験ですね。
>芽はもう少し待つとより分かりやすくなるようですよ。
正直、まだ、葉芽、花芽も区別が付きません><
いつもありがとうございます。
がんばります♪

投稿: くゆら | 2012年12月12日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1266日目 | トップページ | きいろのきうい »