« 1月下旬の休耕田 | トップページ | 雪です »

2010年1月26日 (火)

焚く

去年、秋から切り倒した木や藤の蔓がうず高く積まれていたものを
先週末、やっと焼くことができました。

12月、1月は田に出かけるのにも寒いのや風の強い日が多くて
怖くて火を焚くことができなかったけれど、
週末は風も止んでおだやかな天候だったのでやっと・・・・。

先週末の土曜日は奈良の若草山もちょうど
山焼きの日だったのですね^^

大きな焚き木がバチバチと軽快な音をたてて燃える姿を
ボーッと観ているのもなんとなく生命力を感じて悪くはない・・・・・・・。

Ca3g00030001

まだまだ、第2ステージの葦は一部刈り取ったままで
焼却はできていません><

春、再び茫々の葦原に姿を変えるのと
刈り取った葦を焼いてしまうのと
どちらが早いか心配になってきました。

水分を吸って勢いよく伸びる草たちは
焼こうにも焼き払えないものね・・・
今しか・・・・、と思うのですが・・・・どうなることやら・・・・。

|

« 1月下旬の休耕田 | トップページ | 雪です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

変なことを思い出してしまった。
家を建てた時、大工さんが物置を作ろう作ろうとうるさくて・・・仕方なしに家より先に物置ができました。
あとで請求書がきて、びっくり~(〇o〇;)のお値段。
その時に小さいログハウスを建てれば良かったと非常に悔やみました。
土台があるので建築許可?も取ったんですよ~
思い出して・・・また悔しさが込み上げてきました。

投稿: gargoyle | 2010年1月30日 (土) 03時23分

こんにちは、 gargoyleさん

そう・・・、物置といっても
本格的に建てると居住スペースくらいの坪単価が請求されるのでは!?

わたしもミニログハウスが出来たらいいなぁと
思っているのですが・・・・
農道が狭くて大きな車が入ってこれないので
資材を運べるのかなぁ・・と心配しています。

それよりも、根気よくまず、ここに通わなければ
ただ不気味な構造物になってしまいますよね><

1.2年は様子を見たほうがいいのかなぁ
とも思ったり・・・
安い買い物ではないので・・・・、
わたしもね、家にはもったいない投資をした
経験がありますTT
生家が築50年以上のものだったから
建て直したかったのを母の猛反対にあい、
増改築したり、屋根の葺き替えと外装、
新築の資金になるくらい投資したのに・・・
やっぱり、いろいろガタが出てくるのね・・・

その後、自分たちで更に家を建てることになって、
今は親も亡くなってその家には誰も住んでいません。

いろんな意味でも後悔したくないですよね。

投稿: ken-sogoru | 2010年1月30日 (土) 21時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 1月下旬の休耕田 | トップページ | 雪です »